あなたの周りにもいるかも!?クセが強い「犬系ママ友」の対処法

子育て・ライフスタイル

ママ友コミュニティーの中に必ず1人か2人はいる、クセが強いママ。
今回は、ママ友の特徴別に犬に例えて、付き合い方などをご紹介していきます。
これをマスターすれば、クセが強い犬系ママ友とも上手に付き合えるようになりますよ♪

クセが強い「犬系ママ友」の対処法▶︎ブルドッグママの場合は……

ボスママ的存在の「ブルドッグママ」。

威張り屋・仕切り屋が多く、機嫌がいいときは姉御肌ですが、機嫌が悪いとクレーマー気質になります。正義感が強いことも特徴。

このようなブルドッグタイプのママとは、距離感を上手に保ちつつ、同意する姿勢を見せておけば◎

近付きすぎると、まるで家来のように扱われる可能性が大きくなるので、注意しましょう!

気分屋なので、機嫌の見極め方を覚えれば、程良く目をかけてもらえて、楽に情報を入手できるようになりますよ♪

クセが強い「犬系ママ友」の対処法▶︎プードルママの場合は……

華やかでおしゃれ好きな人が多い、「プードルママ」タイプ。

経済的なプライドが高く、ミーハーで自慢話が大好きなところも特徴です。

人当たりが良いので気を許してしまいがちですが、年収や住んでいる場所、乗っている車などを聞いてランク付けをしたがるので、注意しましょう。

ランク付けをして自分より下だと認識すると、強い態度に出てくることも……。個人情報は、極力喋らない方が身のためです。

上手な付き合い方としては、とにかくプードルママを褒めること。自慢話など、自分の話は控えておくのが一番賢い付き合い方でしょう。

新しいお店やスポットなどの当たり障りのない話題を提供すれば、お土産がもらえたりするかもしれません♪

クセが強い「犬系ママ友」の対処法▶︎柴犬ママの場合は……

八方美人で、相手によって性格や態度を変える特徴がある「柴犬ママ」。行動や言動に矛盾があったり、一貫していないことも多々あります。

陰口・噂話が好きで、何かと派閥を作りたがるのも特徴です。

一見特徴がわかりにくいため、最も厄介なタイプかもしれません。

後々面倒なことになるのを避けたい場合は、さりげなく距離を置くのが得策でしょう。

陰口大会が始まったら、否定も同調もせず、聞き役に徹するのが賢い付き合い方です♪

犬系ママ友の特徴や付き合い方はいかがでしたか?
人付き合いは想像以上に複雑だからこそ、なるべくストレスなく付き合っていきたいですよね。
特徴を見極めて深入りしすぎず、当たり障りのない範囲内でうまく対応していきましょう♪