カッティングシートなら原状復帰も可能♪「チェスト」の簡単リメイク

インテリア

子供がまだ赤ちゃんの頃に購入したチェスト。

「子供の成長と共に、もう少し大人っぽいデザインのものに新調しようかな」と思ったことはありませんか?

買い替えるのはまだ早いかも!?今回は、カッティングシートを活用した、簡単にチェストをリメイクする方法をご紹介します。

"カッティングシート"でチェストを簡単リメイク!

我が家の子供部屋にあるチェストを参考に、ご紹介していきます。

それぞれ異なる色のカラフルな引き出しがかわいいのですが、子供部屋を少し大人っぽくリフォームするこの機会に、チェストも変身させたいところ。

もしも元のデザインに戻したくなった時のために、簡単に戻せるリメイク方法で行っていきます。

カッティングシートが活躍♪チェストのリメイク方法①ペイント用カッティングシートを貼る

最近は、様々な種類のカッティングシートが売られています。

気に入ったものがない場合は、ペイント用のカッティングシートを貼って、そこにお好みの色を塗りましょう。

今回使用したのは、「ハッテミーペインタブル」という商品です。

あらかじめ、貼りたい箇所より少し大きめにカットして使いましょう。

引き出しのツマミを外し、カッティングシートを貼ります。

中心から外に、空気を追い出すように貼ると、きれいに仕上がります。

定規などを使って、空気を追い出すようにするとさらに◎

はみ出した部分は、カッターできれいにカットします。

カッティングシートが活躍♪チェストのリメイク方法②好みの色でペイントしよう!

カッティングシートが貼れたら、いよいよペイントをしていきましょう!

今回使用したのは、「イマジンウォールペイント」というペンキのラベンダー色です。色展開も豊富なので、きっとお気に入りの色が見つかるはず。

ペンキを塗る時は、刷毛を一定の方向に動かし、ムラの出ないようにしましょう。

刷毛に塗料がたくさん付いていると、きれいに仕上がらないので、薄塗りで数回に分けて重ね塗りすると良いでしょう。

その際は、塗料が乾いてから、次の重ね塗りをするようにしてくださいね。

カッティングシートが活躍♪チェストのリメイク方法③好きな取っ手を付ける

最後に、お好みの取っ手を付けます。

今回使用したのは100円ショップの取っ手です。おしゃれな木のデザインで、100円とは思えないくらいのクオリティです。

取っ手を付け替える時は、元々あった取っ手の穴に新しい取っ手を入れ、後ろから金具でとめればOK。とても簡単にできます。

カッティングシートが活躍♪チェストのリメイクが完成!

取っ手を取り付けたら、チェストのリメイクは完成です!

カッティングシートを活用して、好きな色を塗り、取っ手を変えただけで、随分と雰囲気が変わります♡

この変貌ぶりに、子供は新しいチェストだと勘違いするほど。お部屋の模様替えに合わせてデザインを考えるのも楽しいですよ♪

今回はカッティングシートを活用した、原状復帰可能なチェストのリメイク法をご紹介しました。

今のチェストの買い替えを考えている方は、ぜひ一度リメイクを試してみてくださいね。