不登校を防ぎたい!中学生のママができる4つの予防策とは

近年増加している“不登校”は、子育て中のママにとっては他人事ではありませんよね。

その原因は様々ですが、学校生活によるトラブル、家庭環境、親との関係性、無気力などが考えられます。

中学生や高校生になってからの不登校は長引きやすいので、今からできることをしていきましょう!

「中学生の不登校の予防策」をご紹介していきます。

中学生の不登校の予防策①「あなたはできる!」と励ます

中学生の不登校の予防策として大切なのは、劣等感を抱かせない教育をすること。

例えば、兄弟で成績だけを比較してしまう言葉かけは、子どもの心に劣等感を植え付けてしまいますよね。

努力する過程を認め、「あなたはできる!」と励ましていくことがやる気につながり、思い通りの成績でなくても、次に向かう力を養えるのです。

中学生の不登校の予防策②過干渉になりすぎない

過干渉にならないということも、中学生の不登校の予防策では大切なこと。

心配しすぎて、子どもの生活を把握しておきたくなってしまうというママも多いと思います。

でも、子どもが望んでいない過干渉は、自立の芽を摘んでしまうことにつながります。

何から何まで手を貸して束縛しようとすると、親への不信感を募らせるので、不登校の原因になりかねません。

小さいうちから子どもの気持ちを尊重し、最低限の干渉だけをしていくことで、親子共に穏やかに過ごせるようになりますよ。

中学生の不登校の予防策③愛情不足になっていないか確認する

中学生の不登校予防策では、愛情不足になっていないか確認するのも大切なこと。

仕事に家事に……と、毎日の忙しさの中で子どもへの関心が薄れてしまっていることはないでしょうか。

手料理で食卓を囲む時間や快適なリビングで過ごす他愛のないひとときが、子どもの安心につながります。

全て完璧にできなくても、ママの心がけは子どもにも伝わるものです。

愛情を持って接することができているか、たまに振り返ってみると良いでしょう。

中学生の不登校の予防策④成績や習い事に力を入れすぎない

成績や習い事に力を入れるだけでなく、EQ(Emotional Intelligence Quotient・心の知能指数)を高めることも、中学生の不登校の予防策には大切なこと。

子育ての中で養われるEQは、普段から子どもを良く観察し、正しい愛情を伝えることで養われるもの。

いくら成績が優秀でも、EQが低いと不登校の原因はおろか、将来大人になった時に成功することが困難になってしまうのだとか。

子どものうちから、EQを高める環境を整えてあげることが重要です。

心豊かで広い世界観を持った子であれば、問題解決能力も自然と身につくもの。

思春期の悩みにも、しっかり対応していけますよ。
「中学生の不登校の予防策」4つを、ご紹介しました。

どれも、ちょっとした心がけで親が子育てに活かすことができる予防策ばかりです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

不登校 予防策 中学生

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

好奇心旺盛なライターです!

ママ目線のアンテナを活かして情報をお伝えしていきます♪

>もっとみる