どんな違いがあるの?【機能別】おすすめランドセルをチェック♪

子育て・ライフスタイル

小学校入学準備で一番頭を悩ませるのがランドセル選び問題!
2020年度向けに早くも販売しているメーカーもあり、早く決めなきゃと焦ってしまいますよね。
とはいえ、ランドセルは種類が多くてどれを選んだら良いのか分からないという方も多いと思います。
そこで今回は、おすすめのランドセルを機能別にご紹介していきます。

機能別!おすすめのランドセルメーカー①「天使のはね」でお馴染みのセイバン

セイバンのランドセル 天使の羽 item.rakuten.co.jp

「天使のはね」でお馴染みのセイバンは、ランドセル業界の中でも老舗の大正8年から創業してるメーカーです。
古くから親しまれているので安心感がありますよね。

セイバンのランドセルには多くの独自機能がありますが、中でもおすすめなのが「天使のはね」と呼ばれる軽さを追求した機能です。
肩ベルトに羽型の樹脂を内蔵することで、本体の重量よりも軽く感じることができるんですよ♪

他にも、体への負担を減らす「3D肩ベルト」や360°反射する安全面に配慮した「前後左右反射」が特徴です。

また、セイバンのデザインモデルは26シリーズもあり、シンプルなものから上品で可愛いもの、スポーツブランドとコラボしたカッコいいものまで子どもの好みに合わせて選べるでしょう。

セイバンのランドセル 公式サイト

セイバン プチエトワール 天使のはね<R>機能搭載 全5色

¥49,800

販売サイトをチェック

機能別!おすすめのランドセルメーカー②「フィットちゃん」でお馴染みのハシモト

ハシモトのランドセル フィットちゃん shop.fit-chan.com

「背中にぴったり フィットちゃん♪」のCMでお馴染みの「フィットちゃん」の、人気ランドセルの1つですよね。

フィットちゃんの一番の特徴は、特許も取得している「フィットちゃん背カン」です。
左右に別々に開く背かんと肩ベルトが立ち上がることで、肩への圧力が半分に!
テーマソングの通り「背負いやすくてフィットする」と人気を集めています。

他にも、変形を防止する「トリプルガード」や、通気性のある「エアーフレッシュ」などの特徴がありますが、中でもおすすめなのがランドセルのふちが光る機能「安ピカ」シリーズです。

暗い夜道や雨の日にピカッと光るので安心。
60m先からでも視認可能で、登下校時の心強いボディガードになりますよ。
明るい日中でも、ツートンカラーが可愛い&カッコいいアクセントになるので子どもに人気を集めています。

フィットちゃんランドセル 公式サイト

機能別に比較!おすすめのランドセルメーカー③「ふわりぃ」でお馴染みの協和

協和のランドセル ふわりぃ fuwarii.com

「すべての子どもの肩にフィットするランドセル」をコンセプトに作られてる、ふわりぃのランドセル。
さらに、障がい児用ランドセルも作っていて、グッドデザイン賞を受賞するなどの魅力があります。

他のメーカーと比べても軽めに設計され、中でも「ぴったりふわりぃ」シリーズは軽量約930gほど♪
軽さと背負やすさを求める方におすすめですよ。

ランドセルのフチの縫いしろ部分をなくしたフチなしコンパクト設計で、重さを分散させる「ふわりぃ背カン」や「ふわりぃショルダー」が特徴的。

軽いながらも強度実験をクリアしていて、360°反射など様々な安心機能を搭載しています!

ふわりぃランドセル公式オンラインショップ

機能別に比較!おすすめのランドセルメーカー④流通系メーカー「イオン」

イオンのランドセル www.aeonretail.jp

最近注目されているのがデパートなどの流通系メーカーです。
量販の価格が安いものから高いものまで様々なタイプがあり、中にはオーダーメイド可能なメーカーもありますよ。

イオンのランドセルの特徴は、24色ものカラー展開や他ブランドとのコラボモデルなど様々な特徴があります。

中でもおすすめなのが、2020年からスタートする新学習指導要領で、荷物が増えることを想定して設計された「みらいポケット」シリーズ。

一般的なランドセルの小マチ3cmほどですが、「みらいポケット」は8cm広げることが可能に。
人間工学に基づいた3点背あてで背負やすさを追求した「かるくなーれ」機能で大容量でも軽さを実現しています。

他にも、ベネッセとコラボした収納力が高い「新わすれナイン」や120万通りの組み合わせから選べるカスタマイズモデルなどのシリーズも人気です。

イオンのランドセル 2020年度

機能別に比較!おすすめのランドセルメーカー⑤流通系メーカー「イトーヨーカドー」

プーマのランドセル iyec.omni7.jp

流通系メーカーのランドセルは安いという魅力がありますが、安っぽく見えるという声も。
そんな中、流通系メーカーでもデザイン性が高いシリーズが数多くラインナップされているのがイトーヨーカドーです。

まず、イトーヨーカドーはセイバンやフィットちゃんなどのランドセルメーカーや、ファッション、スポーツブランドなど様々なコラボデザインを販売しています。
ブランド力があるので、流通系メーカーは機能面が不安という方でも安心ですよね。

もちろん独自のオリジナルモデルも用意されていて、3万円程度のお手軽価格で購入できる「ラクラクランド」や、未来の学習を見据えタブレット端末を収納できる「あんしんぽけっと」付きモデルもおすすめです。

イトーヨーカドー ランドセル 2020年モデル

機能別に比較!おすすめのランドセルメーカー⑥流通系メーカー「ニトリ」

ニトリのランドセル www.nitori-net.jp

おしゃれなランドセルをお手軽価格でゲットしたいなら、ニトリがおすすめ♪
当初は安っぽいというイメージがありましたが、最近はデザインも豊富でおしゃれなモデルが増えています。

老舗工場とコラボした「キラピカ わんぱく組」やヘリのないスッキリフォルムの「cubee わんぱく組」など、シリーズを選べるのも嬉しいですよね。

「壊れやすい」といった口コミも見かけますが、品質は年々改良され軽量化も図られています。
また、他メーカーと同じく6年保証付きなので、万が一壊れても安心。
修理に出している間はランドセルの貸し出しが可能です。

工房系の上質なランドセルが人気を集める一方で、こうしたプチプラランドセルもだんだんとおしゃれで高機能になり人気が高まっていきそうですね!

ニトリのランドセルわんぱく組2020

機能別に比較!おすすめのランドセルメーカー⑦工房系メーカー「土屋鞄」

土屋鞄のランドセル www.tsuchiya-randoseru.jp

デザインにこだわり、オンリーワンのランドセルが欲しい方におすすめなのが工房系メーカー。

常に予約待ちとして知られるほど人気を集めているのが土屋鞄です。
職人さんが手作業で作ったランドセルは「大人ランドセル」とも言われるほど質の高さが魅力的です。

デザインや質のこだわりだけでなく、肩ベルト8段階調整や防水機能、少ない力で操作ができるDカンなど機能面も充実。

値段は高くなりますが、生地選びからこだわり、デザイン性や職人さんによる手作りという質の高さを考えれば納得ですよね。
すぐに売り切れるそうなので、春頃にはもう購入準備を進める必要があるでしょう。

土田鞄のランドセル 公式サイト

機能別に比較!おすすめのランドセルメーカー⑧工房系メーカー「池田屋」

池田屋のランドセル www.pikachan.com

1950年創業の老舗メーカー池田屋は、“シンプルで機能的”なランドセルとして人気を集めていますよ。

可愛くて上品なデザインも良いですが、6年間使い続けることを考えて、シンプルで飽きのこない雰囲気を求める方におすすめです。

池田屋のランドセルは、パーツごとに牛革と人口皮革に分けることで丈夫さ&軽さを実現しています。
また、素材ひとつ、パーツひとつから徹底的にこだわることで、どんな体型の子でも軽く感じてジャストフィット!

充実の収納スペースや型崩れを防止する「ハイパー樹脂フレーム」など、まだ小さな新1年生でも使いやすさを追求したおすすめのランドセルです。

池田屋ランドセル 公式サイト

人気のランドセルメーカーを機能別にご紹介していきました。
どれもおしゃれなデザインばかりで選ぶのに迷ってしまいますが、まずは子どもと一緒に展示品を見てみることがおすすめ!
実際に背負ってみて、似合う色やデザイン、収納力をチェックしてみましょう。