お花見にいかが?家にあるもので簡単にできる「手作りグッズ」4つ♡

子育て・ライフスタイル

ようやく暖かくなり始めて、いよいよ桜も咲き始めた頃。お花見やピクニックなど、お弁当を持って外で過ごしたい季節です。

とはいえ、子ども連れで出かけるときに料理や持ち物などを準備するのは、何かと大変。

ちょっとしたアイテムを取り入れるだけで桜の季節を楽しめる、お花見に持っていきたい手作りグッズをご紹介します。

YACO☆
YACO☆
2017.04.05

手作りお花見グッズ① お箸にひと手間

お弁当のマストアイテムといえば、お箸。せっかくなら、お花見らしい特別感が欲しいですよね。

そこでおすすめなのが、割り箸に紙を巻くだけでお花見気分がアップする「割り箸留め」。

画用紙などに桜の絵を描き、割り箸に巻きつけて糊やテープで留めるだけで完成!

また、割り箸を入れる「割り箸袋」を作って、桜などの絵を描いてもGOOD。ちょっとしたひと手間でも、配ると喜ばれますよ♡

手作りお花見グッズ② 桜の楊枝

お弁当のワンポイントになるのが、ピック(楊枝)です。こちらも、ちょっとしたデコレーションを加えて、特別感をプラスしてみては?

桜や好きな形に切ったピンクの画用紙の裏に、楊枝をマスキングテープで固定するだけでできる、簡単な手作りグッズです。

紙でできているため、湿度でふやけてしまう恐れがあるので、お弁当を食べる直前におかずに刺すようにしましょう。

手作りお花見グッズ③ コップに目印

お花見やアウトドアの際には、自分のコップがどれかわからなくなってしまう……ということがありますよね。

そこで、コップの目印となるマーカーを、桜のモチーフで作ってみてはいかがでしょうか。

目印としてはもちろん、シートの上が華やかになり、お花見気分も盛り上がりますよ♡

フェルトを桜や花びらの形に切って、輪ゴムを縫いつけます。

輪ゴムにつけているので、コップや水筒など、様々なサイズのアイテムに装着することができます。

紙コップの場合は、そのまま桜を描いたり、桜のシールを貼ったりするだけでも◎

手作りお花見グッズ④ ゴミ箱も桜に

ゴミは、ビニール袋に入れてもいいのですが、遠い席の人にも渡しやすく、見栄えも良いゴミ箱があると便利です。

上の写真のゴミ箱は、紙を折るだけで簡単に作れます♪

ピンクの画用紙を折ってゴミ箱を作り、桜の絵を描くだけ。

家庭でも、ちょっとしたゴミ入れが欲しい時に気軽に作れておすすめです!

いかがでしたか?いつもの消耗品も、桜のモチーフを取り入れて手作りするだけで、オリジナルなお花見グッズになります。

お子さんと一緒に作り、絵を描いてもらっても、可愛い作品ができあがるはずです♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。