どうしたら寝てくれるの?あえての“手抜き”寝かしつけテクニック

どうしたら寝てくれるの?あえての“手抜き”寝かしつけテクニック

もう寝て欲しいのに、なかなか眠らない、子どもの寝かしつけ。

ママとしては、「早く寝て!」とついイライラしてしまう瞬間かもしれません。

そんなときこそ、手抜きの寝かしつけテクニックが実は有効なんです。おすすめのテクニックをご紹介します。

全力よりも手抜きくらいがちょうどいい?
寝かしつけのテクニック

子どもの寝かしつけをスムーズにするために、日頃から、1日の生活リズムの見直しや、入眠儀式などを試しているママも多いはず。

それでも、元気で体力が有り余っている子どもたち。ベッドや布団に入っても、なかなか眠ってくれないこともありますよね。

そんな子どもと、真正面から向き合って寝かせようとしても、ママが疲れてしまうだけ。

イライラしてしまうくらいなら、手抜きをしながら寝かしつけるテクニックを試してみませんか?

ママの寝かしつけ手抜きテクニック①
我が子が主人公!創作のお話

寝る前に絵本を読んで子どもを寝かしつけるのは、定番のテクニックですよね。

でも、「もっと読んで」と次から次へと絵本を持ってこられても、読むママは疲れてしまうばかり。

また、絵本を読むために電気をつけていると、眠くなりにくいことだってあるんです。

そんなときは、ちょっぴり手抜きで、子どもが主人公のお話を作ってみましょう。

「〇〇くんが冒険に出かけたよ」

など、子どもが好きなものを物語に盛り込みながら、一緒に布団へ入って目を瞑りながら、思いつくままにお話をしてあげます。

絵本を読んで疲れることもありませんし、部屋が暗くなっていれば、子どもも自然と眠りについてくれるかもしれません。

ママの寝かしつけ手抜きテクニック②
シーツでブランコ遊び

ママが寝かしつけに疲れてしまったときは、手抜きかもしれませんが、「寝かせよう」とすることを諦めてしまいましょう。

両手でシーツをハンモックのようにして持ち、子どもが中に入ってゆらゆら。そんなシーツブランコ遊びをしてみては?

最初ははしゃいでいたとしても、心地よい揺れが子どもを眠りに誘うかもしれません。

一定のテンポで静かに揺らすのが、寝かしつけのテクニック。

2段ベッドなら、シーツをくくりつければ、体にかかる負担も軽減されます。

ママの寝かしつけ手抜きテクニック③
「明日は○○しようね!」

絵本などを読みながら、空想の世界に浸れる時間を作るのも有効ですが、明日の予定を話し合うのも、手抜きのようでいて実は使えるテクニックです。

「明日は公園に行こうね」

「クッキーを作ろうね」

など、子どもが明日を待ち遠しくなる予定を伝えてみましょう。

その上で、「早く寝ないと〇〇できなくなっちゃうよ」と話せば、子どもも慌てて眠ろうとしてくれるはずです。

ママの寝かしつけ手抜きテクニック④
早起き&夜は「静かにする」癖をつけよう!

いろいろな寝かしつけのテクニックを試してみても、子どもがなかなか眠りにつかないときは、夜の過ごし方を見直してみましょう。

子どもがぐずっていたとしても、朝は早く起きられるよう、ママがサポート。

夜は、興奮してしまう次のような行動は避けるようにしましょう。

・寝る直前に戦いごっこをする

・寝る前にテレビやタブレットを見る
ママが笑顔で子育てをするためには、全てをパーフェクトにするのではなく、ときには手抜きをすることも大切です♪

寝かしつけにも手抜きテクニックを取り入れながら、夜は静かに過ごす習慣づけをしていきましょう。

寝かしつけ 手抜き テクニック

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる