収納上手さんをお手本に♪かさ張るハンガー収納には、アレが大活躍!

インテリア

日によって使う本数も違い、服のサイズによって大きさもタイプも異なるため、ついつい増えてしまう「ハンガー」。

毎日使うものだからこそ、使い勝手を良く収納したいけれど、ゴチャゴチャ絡まったり、なかなかピッタリくる収納の見つからない……。

そんな家事のストレスを解決する、上手な「ハンガー収納」をInstagram(インスタグラム)からご紹介します。

もうゴチャつかない!ハンガー収納テク
▶「透明スタンドケース」を使って

syokoさん(@syoko.t.home)がシェアした投稿 -

脱衣所や洗濯機周りの収納棚には、透明のスタンドケースを使うことで、ハンガーも立てて収納が可能になります。

サイズごとにケースを分ければ、使い勝手も良し!

透明なので、ハンガーを色分けして使う方にも見やすいですね。

もうゴチャつかない!ハンガー収納テク
▶「ファイルボックス」を使って

ayaさん(@irodori.0305)がシェアした投稿 -

深さのあるファイルボックスをハンガー収納に使うことで、ハンガーの目隠しにもなってスッキリ!

こちらも、ハンガーの大きさによってファイルを分けることで、中身が見えなくても間違える心配はなし。

空いたスぺ―スにはピンチハンガーをしまい、洗濯ばさみなどは小さな収納ケースに入れることで、収納棚のスペースも有効的に活用できますね。

もうゴチャつかない!ハンガー収納テク
▶「おしゃれ収納ボックス」を使って

まひまなさん(@mahimana)がシェアした投稿 -

先ほどのようにサイズ違いに分けたハンガーや洗濯ばさみなどは、大き目の収納BOXにIN!

このまま洗濯干し場まで運ぶことができ、このまま棚の上に置けば、中身も見えることなく収納することが叶いますね。

もうゴチャつかない!ハンガー収納テク
▶「突っ張り棒」を使って

mghomeさん(@mghome723)がシェアした投稿 -

ハンガー収納には、突っ張り棒を活用される方も多くみられます。

洗濯機周りの収納棚の中に、突っ張り棒を付けるだけで、簡単にハンガーラックが完成!

どんなサイズのハンガーにも、また、洗濯ばさみにも対応でき、他の収納アイテムの邪魔にもならない優れものです。

@eeee.taがシェアした投稿 -

また、突っ張り棒なら、収納棚がなくても壁さえあればハンガー収納を作ることが叶います。

天気の悪い日の部屋干しや、花粉の時期の部屋干しにも使えますね。

misatoさん(@misat_s)がシェアした投稿 -

洗濯機横の微妙なデッドスペースも、小さめの突っ張り棒があれば、簡単にハンガーの収納スペースを作り出すことができます!

今までどうしようもできなかった悩ましいスペースも、これで解消♪

上下に2~3段作ることが可能なので、サイズ違いや、種類違いでたくさん収納することができますね。

ゴチャつくハンガーが、スッキリと収納できる、素敵な収納アイデアをご紹介しました。

ハンガー収納に悩んでいた方は、これで、毎日の家事ストレスが1つ減りそうですね♪