6月30日は"夏越の大祓"!神社で半年に一度のデトックスを♪

子育て・ライフスタイル

2017年も、いつの間にか半年が過ぎようとしています。あっという間の半年だった方、長かったなと思い返す方、あなたはどちらでしょうか。

神社では、1年がスタートして半年の節目となる6月30日に、夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)という行事があるのをご存知ですか?

「夏越の大祓」は、日々の暮らしの中で、知らず知らずのうちに溜まってしまった罪や穢れを祓い清め、無病息災を祈る行事です。

夏越の大祓の方法には、人形にけがれを移して水に流す方法や、茅などを巻きつけて作った大きな輪を3度くぐって行う“茅の輪くぐり”という方法があります。

この夏の無病息災を祈って、神社へお出かけしてみませんか?

夏越の大祓:“茅の輪”は無病患災のシンボル

夏越の大祓の習わしは、『備後風土記』にその起源があります。

その昔、旅の途中のスサノオノミコトが、蘇民将来(そみんしょうらい)と巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟に宿を頼みました。

裕福な弟の巨旦将来は断り、貧しい兄の蘇民将来は快く泊めて粟飯でもてなしました。

スサノオノミコトは、一夜の御礼に茅の輪を渡し「もしも疫病が流行したらつけなさい」と教えます。

後に疫病が流った時、蘇民将来の一家は、茅の輪のおかげで疫病から逸れることができたそう。それ以来、茅の輪は無病息災のシンボルとなりました。

初詣から半年、間もなく本格的な暑さがやってきます。半年間の無事に感謝して、これからの半年の無病息災を願うのはいかがでしょうか。

夏越の大祓:“茅の輪くぐり”の方法

茅には、古来より邪気を祓う力があるといわれています。

大きな茅の輪を左回り→右回り→左回りと八の字に3回くぐってお参りをします。

茅の輪をくぐりながら、夏越の歌を唱えます。1回目と2回目は、ちょうど無限大の記号「∞」を書くのに似ています。

唱える歌は、茅の輪をくぐるたびに異なり、1回目は 「水無月の 夏越の祓へする人は 千歳(ちとせ)のいのち 延ぶと言ふなり」 。

2回目は、「思ふこと みな尽きねとて 麻の葉を 切りに切りても 祓ひつるかな」 。

3回目は、「宮川の清き流れに禊(みそぎ)せば 、祈れることの叶わぬはなし 蘇民将来(そみんしょうらい)、蘇民将来」 と2度ずつ唱えるそうです。

くぐり方の例はこちら

「夏越の大祓」ができる神社:明治神宮

引用:www.meijijingu.or.jp

「明治神宮」公式サイト

「夏越の大祓」ができる神社:神田明神

引用:www.kandamyoujin.or.jp

「神田明神」公式サイト

「夏越の大祓」ができる神社:芝大神宮

引用:www.shibadaijingu.com

「芝大神宮」公式サイト

最近、何となく疲れやすかったり、疲れが抜けにくく感じるのは、梅雨の季節のせいではなく、半年分のあやまちや罪穢れが溜まったせいかもしれません。

いよいよ真夏も間近。蒸し暑い季節を、家族そろって笑顔で、健康に過ごすために、今年は「夏越の大祓」をしにお出かけしてみませんか?

大祓は6月30日に行う神社が多いのですが、茅の輪は少し早目に設置されて、7月に入ってしばらく設置されている神社もあるようです。

神社により少しずつ異なる場合もあるため、詳しくはお出かけの神社でお尋ねください。

また、すべての神社で設置されているわけではないので、確認してからお出かけくださいね。