間違えると逆効果に……リンパマッサージの「注意点」4つ

むくみ解消に効果的な「リンパマッサージ」。余分な水分や老廃物を排出することで、小顔効果やダイエット効果もあると人気です。

しかし、方法を間違えてしまうと逆効果になってしまうことも……。

そこで今回は、リンパマッサージをする際の注意点をご紹介します。

リンパマッサージの注意点①逆方向に流さない

リンパマッサージは、リンパ液の流れを助けて、老廃物などを排出していくのが目的。

それなのに、リンパの流れと逆方向にマッサージしていては、かえって老廃物を溜め込んでしまう可能性もあります。

リンパマッサージをする際には、リンパ節に向かって、末端からマッサージをしていくのが基本です。

例えば、腕ならば、手先から脇にある腋窩リンパ節まで。脚ならば、足先から鼠経リンパ節まで。顔ならば、顔の中心から耳の後ろを通って、鎖骨リンパ節までです。

マッサージの最初にリンパ節をほぐす必要もありますので、気になる部分のリンパ節がどこにあるかは、必ずチェックしておきましょう。

リンパマッサージの注意点②力を入れすぎない

マッサージは強い力をかけないと効果がない、痛いくらいが良い、と思っている方が多いのですが、リンパマッサージに関しては間違いです。

リンパ管は皮膚のすぐ下にある細い管なので、優しくなでるようにするだけで、十分にリンパ液は流れていきます。

逆に、強く押してしまうと、リンパ管をつぶしてリンパ液の流れを阻害してしまうこともあるのです。

また、強い圧力をかけることで皮膚が伸ばされて、たるみやシワの原因にもなってしまいます。

リンパマッサージの注意点③オイルやマッサージクリームを使用する

マッサージをする際に気にしておきたいのが、皮膚の摩擦。

肌の滑りが悪い状態でマッサージを行うと、摩擦で皮膚に余計な負担がかかり、たるみ・シワ・シミを引き起こすことがあります。

特に、顔のマッサージをする際には注意が必要!せっかくのマッサージが、老け顔を作ってしまうかも知れません。

リンパマッサージをする際には、必ずオイルやマッサージ専用のクリームを使用するようにしましょう。

リンパマッサージの注意点④体調に合わせて行う

気軽にできるリンパマッサージですが、体調の悪い時や、体が疲れている時には行ってはいけません。

また、皮膚の状態が悪い時も、刺激を与えてしまうマッサージはNG。その他にも、食後すぐは消化器官に影響を与えることがあるので、行わない方が良いとされています。

お酒を飲んでいる時も、マッサージでアルコールが全身に回ってしまう可能性があるため、避けた方が良いです。

自分の体調を見ながら、元気な時にリンパマッサージを行うようにしましょう。
せっかく頑張ってリンパマッサージをしているのに、効果が出るどころか、逆に悪化させてしまっていたら悲しいですよね。

リンパマッサージの注意点を参考に、しっかりと効果の出るマッサージを行って下さいね。

リンパ マッサージ 注意点 逆効果

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

奥島 美帆

『美は、心・技・体。』を掲げる美容研究家。

早稲田大学大学院卒。
運動生理学・…

>もっとみる