そんな裏ワザあったんだ!?ユーザーに聞く、メルカリで“売れる”コツ

提供:花王株式会社 子育て・ライフスタイル

使わなくなったり着なくなったりしたモノに、“捨てる”以外の簡単な選択肢を作ってくれたメルカリ。利用者が右肩上がりで増え続けているのも納得です。日常生活の中に上手に取り入れている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、我こそはメルカリ玄人!という20~30代の女性6名に集まっていただき、メルカリの活用方法や裏ワザを披露していただきました♪

メルカリユーザーを集めて、座談会を開催!

コスメをはじめとした日用品や本など、日々さまざまなものを出品しているという皆さん。その中で全員が共通して販売していたのが“お洋服”でした。

————出品のタイミングって?

そんな皆さんがどういう時に出品するのかというと、約半数が「衣替えのタイミング」と回答。一気に撮影や採寸を行って販売してしまう方が、手間がかからないというのがその理由でした。

一方で、「トレンドのものはトレンドのうちに売ることがポイント」という意見も。「Instagramで話題のものや、そのシーズンのトレンドアイテムは売りやすい」という声に、皆さん納得の様子でした。

だからといってシーズンを過ぎてしまったものが全く売れないということではないよう。着なくなったからといってすぐ捨てるより、様子を見るのもアリなようです。

————売る時に気を付けていることは……

出品時に気を付けていることを聞いてみると、「とにかく“キレイ”であること」と全員が口をそろえます。
洗って、ほつれやシミなどは確認する。どうにもならないものはそもそも出品しない」というこだわりよう。

梱包についても同様で、「開けた時にがっかりさせてしまうのは避けたいので、きれいに畳むようにしている」という意見も。たしかに開けた時の印象って、お買い物の善し悪しを左右しがちですよね。

また、購入者になった時に「毛玉が立っていないかなど、素材感を確認する」ということから、自身が出品する時には素材の分かる写真を積極的に載せるという人もいました。

————「本当は内緒にしておきたい!」“売れる”コツ

いよいよ核心である“売れる”コツについて、まず話が出たのは値段です。「送料は購入者に負担していただく分、価格交渉には柔軟に応じる」といったものから、「自分でセールと銘打って、値下げしている」といった玄人っぽいものまで話が及びます。

共通していたのは、高値で売ることにこだわっていないこと。「重要なのは自分の購入価格ではなく、メルカリでの市場価格」なんだとか。トレンドのものをトレンドのうちに売るためには、安さか早さで周囲と差別化を図る必要があるからかもしれませんね。

“売れる”コツは、価格設定とキレイさ

メルカリユーザーの皆さんのお話から、“売れる”コツは価格設定と商品のキレイさであるということができそうです。

まずは、どんな価格ならメルカリでお買い物をする人たちの心を掴めるのかを把握することが必要。そのコツは、日々メルカリに接する時間を増やすことで身につけることができるかもしれませんね。

さらに決定率を上げるためにポイントとなるのが、商品のキレイさです。ファストファッションのお洋服であれば、同じものが多数出品されている可能性が高いです。でも、他よりキレイな状態であれば、買う人の印象は大きく変わるし、何よりも自信を持って価格を設定することができますよね♪

そこでオススメなのは、お家でできる簡単ケアを考え直すことです。
例えば、リニューアルされた『エマール』なら、伸び・ヨレを整えながら洗うから、洗うたびにカタチがキレイになります。これがあればヘビロテしたプチプラのお洋服だって、高見えさせることができちゃうんです……!

自分のため、そして次に使う人のことも考えたいから

自分では使わなくなってしまったものが高く売れるのはもちろん嬉しいですが、せっかくなら次に使う人にもいい状態で届けてあげたいですよね。

メルカリを賢く活用している皆さん、新しくなった『エマール』があれば、さらに満足度を高められるかもしれませんよ!

NEW『エマール』はこちらからチェック!