《ママのための投資講座・入門編vol.1》投資って私に関係ある?

子育て・ライフスタイル

「投資って、興味はあるけれど、なんだか難しそう……」と考えるママもいらっしゃるのでは?

今回から、《ママのための投資講座・入門編》として、「知っておきたい投資のキホンについて」をお伝えします。

第1回は、「投資って私に関係ある?」という疑問にお答えします。

《ママのための投資講座・入門編》投資で将来の安心を準備する

コツコツお金を貯めていく"貯蓄"と違って、"投資"は、お金を増やすことを重視しています。

投資の醍醐味は、資産を育てることにあります。

投資と上手に付き合えるようになると、お給料以外でお金が入ってきたり、資産を増やすことができます。

"金利でお金を増やす"という経験をしたことのないママ世代は、「お金を増やすことは自分には関係のない話」だと感じがちです。

一方で、生活品の値上げによって支出が増える、教育資金がこれから必要になる、自分の老後の心配など、お金に対する不安を持っているママは少なくありません。

そんな中で、投資に関する情報を得る機会は増えています。

投資は、お金を増やすことに興味がある、楽しそう!と思っているママだけがするものではなく、お金に対する現在の不安を解消し、将来の安心を得るための選択肢のひとつにもなりますよ。

《ママのための投資講座・入門編》投資をはじめるときの注意点

投資というと、証券会社のイメージが強いようですが、銀行でも金融商品を取り扱っていたり、インターネットで気軽に金融商品を探すことができたりと、ずいぶん身近になっています。

商品によっては、10,000円以下で気軽に始められるものもあります。

ただし、投資と貯蓄の一番の違いは「元本の保証がない」こと。いくら身近になったからといっても、そこだけはしっかりと意識しておく必要があります。

また、投資をはじめるためには

「金融商品の種類やしくみ」
「その金融商品のメリットやリスク」
「自分に合った金融商品の選び方」

などの投資の知識を持つ必要があります。

次の3つの要素を押さえておくと、金融商品の特徴が理解しやすくなります。

・元本・利子の支払いが確実であるかが基準の「安全性」

・期待できる収益の大きさが観点の「収益性」

・必要な時にすぐに換金できるかが観点の「流動性」

これら全てに優れた金融商品はありません。どれを重視したいのかを考えながら、自分に合った金融商品を選んでいきましょう。

《ママのための投資講座・入門編》投資をはじめるときに心掛けたいこと

大切なのは、「自分が理解できないものには投資をしない」ということ。

金融商品には、リスクが低くてリターンが大きいものはありません。上手に投資ができると資産は増えますが、もちろん損をしてしまうこともあります。

投資は、将来の結果が確実なものではありません。

「なんとなくよさそう」「これがいいって聞いたから……」と、他人の判断に頼るのではなく、商品内容やリスクを理解して、自分がいいと判断できる基準などを知りましょう。

友人との間で話題になっている新しい商品を知った時に、「どこの会社が作っているのかな?」と気にかけてみたり、ニュースで見かける日経平均や為替が少し気になったりすることで、これまで聞き流していた情報にも自然と興味がわき、投資の世界を通じて世の中を見る楽しみができます。

投資をして社会に興味を持つことは、私たちが成長することにもつながります。

投資は、お金を増やす楽しみだけではなく、将来の安心も手に入れることができます。また、自分を成長させるツールにもなります。

"投資は自分に関係ない"と思っていた方も、ぜひはじめてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。