主婦が一番危険?使いすぎ注意!《ネット・SNS依存》を防ぐ方法

子育て・ライフスタイル

あなたは1日のうちに、どのくらいの時間をスマホに費やしていますか?
実は、ネット依存症やSNS依存症は、主婦の方がなりやすいと言われています。
防ぐ方法をチェックしてみましょう。

SNS依存を防ぐ方法①まずは自分がどのくらい依存しているかをチェック!

✔︎仕事中なのに、気が付いたらネットサーフィンをしてしまっている

✔︎電車やバスでの移動中、ついスマホをさわっている

✔︎夜、寝付けない時にスマホをいじってしまう

✔︎特に用事がないのに、ブックマークしているサイトを開いてしまう

✔︎するべきことが多い時ほど、現実逃避したくなって、ネットサーフィンをしてしまう

✔︎メールがくると、気になってすぐに返信してしまう

✔︎トイレにも携帯を持ち込んで、SNSをチェックしてしまう

✔︎ Facebookメッセージに即レスしてしまう

いかがですか? 4個以上当てはまるという方は、ちょっと危険信号。ネットやSNSに依存している可能性が高いです。

SNS依存を防ぐ方法②費やしている時間=失った時間?デメリットを考えてみる

まずは、1日の間に携帯を使ってネット・SNSに費やしている時間を書き出してみましょう。

そして、自分にどのような利益があったか、仮にネット・SNSをしていなかったら、何に時間を使っていたか、何をしたいか考えてみましょう。

趣味や人生の目標などを思い出し、ネットへ接続した時間を活用できないか考えてみると良いですね。

ポイントは、無理のない範囲内での目標を立てること。

続けていけば、ネット・SNSへアクセスする目的や時間が限定されてくるので、必要以上に依存しなくなります♪

SNS依存を防ぐ方法③何でもかんでもブックマークしないようにする

ブックマークの機能はとても便利で、今やなくてはならないものかもしれません。

ですが、お気に入りのサイトを巡回するのが癖になってはいませんか?

ブックマークを思い切って削除して、無駄なネットサーフィンの量を減らすのもオススメです!

自分の人生に本当に必要なものが何か、見極めるきっかけにもなりそうですね♪

SNS依存を防ぐ方法④実際に友達と会う時間を増やす♪

ネットやSNSを利用するのは、1人でいる時間が多いはず。

主婦が"ネット・SNS依存"になりやすいのは、1人でいる時間が長いからだと言われています。

これを解消する手っ取り早い方法は、実際に友人と会う時間を増やすこと♪

もともとSNSは、人とのコミュニケーションを円滑にするサービスで、直接会っていない友人たちと、近況を報告し合うものだったはず。

会っていないからこそ、友人たちが何をしているのかを互いに知りたくなるのです。実際に友人と会っていれば、その時間もグンと減ることでしょう。

本当に必要な情報を見極めたり、積極的に友人に会うように心がければ、"ネット・SNS依存"はだいぶ改善されるはず。
依存し過ぎて人間関係に悩んでしまう方も増えてきています。適度な利用を心がけるようにしたいですね♪