イチロー選手も実践!子供の足が速くなる「足裏マッサージ」の方法

スポーツ界で活躍するアスリートたちの子どもの頃のエピソードでよく聞くのが、「裸足で過ごしていた」「足裏マッサージをしていた」など、足裏への刺激を与える習慣があったというエピソードです。

足が速くなる、運動神経が良くなるなど、足裏の刺激はどうやら子供にいいことがあるよう?

その理由や足裏マッサージの方法などに迫ってみましょう!

足裏マッサージは「運動能力」を高めてくれる!?

地面に接している足裏は、身体を動かす信号を送る際に必要な、神経伝導を鍛える上で大切な場所!

感覚刺激による情報をはっきりと感じて、運動神経まで伝達することができれば、子供のバランス感覚や踏ん張りの力なども鍛えられます。

足裏への刺激で走るのが速くなると言われるのは、足裏の感覚を鍛える足を使う運動だからかもしれませんね。

神経系の発育は、約8割が特に5歳から6歳くらいまでの間に完了するのだそう。

だからこそ、早いうちから足裏マッサージなどの方法で、足裏感覚を鍛えることが大切なのです。

イチロー選手は「足裏マッサージ」を赤ちゃんの頃から毎日実践!

例えば、野球選手のイチローさんは、生まれた頃から12歳になるまで、毎日お父さんが足裏マッサージを続けていてくれたそうです。

また、松坂大輔(まつざかだいすけ)選手も、通っていた保育園が「裸足保育」という育児方法を実践していたのだとか。

他にも、今活躍しているスポーツ選手たちが、子供時代に足裏を刺激していたというエピソードは意外とたくさんあります。

こんなエピソードからも、足裏マッサージの大切さが分かるのではないでしょうか?

子供のための「足裏マッサージ」方法①おすすめは眠る前

足裏マッサージは気持ちが良いマッサージなので、子供をリラックスさせてあげる効果も期待できます。

そのため、マッサージをするタイミングは、「寝る前」がおすすめ!

マッサージの強さは、痛くしたり強くしたりする必要はありません。

手をよく温めてから優しくマッサージしてあげれば、子供も気持ちいと思ってくれるはず。

ただし、食後30分以内のマッサージは避けましょう。

子供のための「足裏マッサージ」方法②左足から始めよう

足裏マッサージを始める際には、「左足」から始めると血流の流れが良くなり、老廃物などが流れやすくなるそう。

また、マッサージする場所は、足の中心部からゆっくりと指を滑らせて、土踏まずとかかとの間の足の脇までを刺激するのがおすすめ。

足の中心部分には、腎臓のツボが。
足のかかとと土踏まずの間のあたりには、膀胱のツボがあります。

親指の腹で優しく流すように、5〜6回マッサージをしてあげましょう。

子供のための「足裏マッサージ」方法③裸足を心がけるだけでもOK

とはいえ、毎日マッサージなんてできない!と思っている方もいるかもしれません。

日常生活の中で足裏への刺激を与える習慣をつけたいなら、日々「裸足」で過ごすようにするだけでもOKです♪

芝生の上など、刺激を与えてくれそうな場所を作るのもおすすめです。

室内であればダンボールを敷いてみたり、竹を半分に割ったものをマット状にしたりして、足裏が自然と刺激される環境を作ってあげると良いでしょう。

子供の「足裏マッサージ」を、親子のコミュニケーションに活用してみよう

直接肌と肌が触れ合う足裏マッサージは、親子間の大切なコミュニケーションの時間にもなります。

例えば、あまり育児に参加してくれないパパも、

「子供をスポーツ選手にするため!」
「かけっこが速くなるため」

などと理由を伝えれば、ノリノリで協力してくれるかもしれません。

スキンシップの一環としても、足裏マッサージをぜひ利用したいですね。
いかがでしたか?足裏マッサージに秘められた、子供の運動神経を鍛える秘密、少しだけ分かっていただけましたでしょうか?

方法は、親子のライフスタイルに合わせれば大丈夫。

今日からでも実践できる、足裏刺激習慣を始めてみましょう♡

足裏マッサージ 子供 方法

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる