小学生のLINE許可する?しない?子どものLINEトラブル対処法

子育て・ライフスタイル

小学生でも、スマートフォンを持つ子どもが増えている、
今の時代。SNSやLINE(ライン)をめぐるトラブルは、親として心配の種ですよね。
とはいえ、子どもにスマホを持たせないと、友達から仲間はずれにされてしまうのでは?と板挟みになっている方もいるかもしれません。
子どもが、LINEをめぐるトラブルに巻き込まれないようにするための対処法を、考えてみませんか?

対処法を知らないと危ない!小学生に起こりうる「LINEトラブル」

面と向かって言えないような言葉も、LINEだと気軽に言えてしまうもの。

そのため小学生でも、LINEをきっかけに、いじめや仲間はずれが始まることもあるのだそう。

既読スルーなどがきっかけとなって、いじめに発展し、深刻化することは、親としては頭の痛い問題です。

対処法としては、「文字だけでは、人の心を傷つけることがある」ということを、子どもにきちんと伝えて、理解させることが大切です。

見ず知らずの人と繋がることができてしまう、LINE。

そもそもLINEは、ユーザーが18歳未満の場合「ID検索」ができません。

しかし、そこにも落とし穴があって、QRコードを使えば小学生でも友達追加することができてしまうのです。

インターネット上には、QRコードの画像をアップすることで友達を探せる掲示板があります。

出会い系のように、子どもが誰かと繋がり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性もゼロとはいえません……。

親としては、誰とやり取りをしているのかをしっかりと把握しておきましょう。それが対策となり、トラブルを回避する糸口となるはずです。

小学生のLINEトラブルを防ぐ対処法① 必ず親が監視すること

トラブル事例でも少しお話ししましたが、小学生のLINE使用は、親がどんな対処法をとるかが、トラブル予防のための鍵となります。

・家族がいるときに使う

・夜9時以降はLINEもスマホも使わない

などのルールを決めて、LINEで子どもがどんなやり取りをしているのか、親も把握できるようにしましょう。

そうしておけば、万が一、いじめが発覚した場合も、すぐに学校に相談することができます。

小学生のLINEトラブルを防ぐ対処法② LINEの設定を厳重に!

QRコード検索を使って、知らない人と繋がらないようにするために、LINEのセキュリティ設定を厳重にするのも、対処法として有効です。

親としてやっておきたい設定は、主に次の2つです。

▶友達招待を禁止する

①LINEの設定画面を開く
②「連絡先」へのアクセスを禁止する

▶QRコードによる追加を禁止する

①LINEの設定画面を開く
②「カメラ」のアクセスを禁止する

子どもに設定を解除されないように、定期的にチェックしておきましょう。

子どものLINEトラブルと、その対処法についてご紹介しました。
最近では、まったく使わせないというわけにもいかない小学生のスマホ利用。
トラブルの可能性はありますが、安否確認など、いざという時に役立つアプリでもあります。
楽しいものにするために、親がきちんと子どものLINEを監視しましょう。また、犯罪やいじめに遭わないために、子どもにもその危険性をきちんと伝えていきたいですね。