手作りプレゼントに♪1日で簡単にできる「写真立て」の作り方

子育て・ライフスタイル

お子さんからのプレゼントって嬉しいものですよね。

今回は、ママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントにも最適な赤ちゃんと一緒に作れる写真立ての作り方をご紹介します。

100均で購入できるアイテムで作れるので、オススメですよ。

YACO☆
YACO☆
2016.09.14

簡単♪手作り「写真立て」に必要な材料

どんな作品を作りたいかで必要な材料は異なりますが、最低限必要なものはこちらです。

・写真立て(素材はお好みで。枠が少し広いものの方が作りやすいと思います。)
・紙粘土
・水(紙粘土を捏ねて、くっつけるのに必要となります。)
・中に入れる写真

上記のものがあれば、シンプルな写真立てを作ることができます。
どのアイテムも100均で購入が可能です。

飾り付けをする場合は、ビーズ、貝殻、ボタン、キラキラした飾り、絵の具などがあると、オリジナル感のある作品を作ることができますよ。

簡単♪手作り「写真立て」の作り方

まずは、紙粘土をよく捏ねます。柔らかくなったら、写真立ての枠に紙粘土を付けていきます。

この時、紙粘土をつける部分に水をつけると、つきやすくなりますよ。紙粘土同士の接着部分がわからないよう、きれいにつけましょう。

また、紙粘土が乾いてくると枠から取れてしまうことがあるので、枠に少し絡ませるような形で、しっかり固定するのがポイントです。

枠に紙粘土をつけたら、お子さんの出番です。手などで好きに跡をつけてもらいましょう。

手形や足形を押したり、指先で押すだけでもお子さんらしい作品になります。

小さな赤ちゃんの場合は、ママが上手にサポートしてあげましょう。

シンプルな写真立てにしたい場合は、このまま乾かして完成です!

手などで跡をつけたら、ビーズなどを好きに埋め込んでいきましょう。

ビーズや貝殻など、お子さんに楽しんでもらいながら、好きなものをつけましょう。

この時、つける部分を少し水でぬらし、少し強めに埋め込むと、乾いてからも取れにくくなります。

乾いてとれてしまったら、ボンドなどで取り付けましょう。

誕生日のプレゼントなどの場合は、イチゴの飾りをつけて、ケーキのようにしても良いですね♪

できあがったら、しっかり乾かしましょう。

乾かした後に絵の具などで色づけをしても、可愛く仕上がります。

最後に写真を入れて完成です!

お子さんが頑張って作った作品は、きっとみんな喜んでくれますよ。プレゼントではなく、お子さんの成長の記念に作るのも良いのではないでしょうか。

いかがでしたか?まだ小さな赤ちゃんでも、手形を取るように手の跡や足形をシンプルに押すと、素敵なものになります。

オリジナル感が出て、お子さんの頑張りが伝わる作品は、もうすぐやってくる敬老の日のプレゼントにもオススメです。

1日で作れるので、お子さんと一緒に作ってみるのはいかがでしょうか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。