ワンオペ育児をするママに寄り添いたい【2歳児ママ・菊地亜美さんインタビュー】

ワンオペ育児をするママに寄り添いたい【2歳児ママ・菊地亜美さんインタビュー】

子育て・ライフスタイル

タレントとしてテレビをはじめ数多くの場面で活躍する菊地亜美(きくちあみ)さん。現在は、もうすぐ2歳になる子どもをもつママとしても、Instagram(インスタグラム)やYouTube(ユーチューブ)が参考になると話題沸騰中です。
そんな菊地さんに子育てやプライベートについて、さらに2022年8月5日から発売される菊地さんプロデュースのバスローブについても魅力をたくさん伺いました。

4yuuu!
4yuuu!
2022.08.05

子育て奮闘中!タレント・菊地亜美さんへインタビュー

菊地亜美

タレントとしてテレビで見ない日はないほど、ご活躍が目覚ましい菊地亜美(きくちあみ)さん。プライベートでは、2018年にご結婚、2020年に第一子となる女の子をご出産されています。いつも明るく元気な印象のある菊地さんに、子育てを楽しむ方法や子どもとの向き合い方についてお話を伺いました。さらに、新しくプロデュースされたバスローブについてもたっぷり語っていただきましたよ。

————娘さんがもうすぐ2歳を迎えられるとのことですが、最近成長を感じられたことは?

「毎日成長を感じられて、驚くことばかりですね。

最近の大きな変化としては、意思疎通がしっかりできるようになってきたことかな。1歳くらいまでは、私が一方的に話しかけている状態だったり、娘は何かしゃべっているけど大人の言葉とは違うのでこちらがうまく汲み取れなかったり。でも、今は「これやだ」「あれとって」「さむい」などここ半年で急に意思を伝えられるようになってきて、驚いています。

私が話していることも理解しているようだし、私の口癖をよく真似されるので大人の言葉をしっかり聞いているんだなと思います。

娘に対して、私が「だめよ」や「こっちよ」のように「〇〇よ」という言葉を使っているみたいで、それをよく真似されます(笑)。あとは、「〇〇じゃん」もよく言いますね。小さい子がしゃべる言葉っぽくないので、面白くて。友だちと話している感覚になりますね」

————娘さんが生まれる前後で変化したことは?

「いろいろなことが変化したなと思いますが、一番をあげるとすると生活リズムですね。子どもが生まれる前までは、休みの前日は夜ふかしして、休みの日は昼過ぎまで寝る、のように自分のためだけに時間を使うことが好きだった。でも娘が生まれた今は、朝は早く起きて夜は20時くらいには寝かしつけるという生活に変わりましたね。

最初は、娘のために私も規則正しい生活をしなきゃ!と思って頑張っていました。けど、子育てって何年も続くしこのまま気負いすぎている生活で大丈夫かな?とふと思って。そこから、少しタフに考えるようになりました。娘はもちろん規則正しい生活が送れるようにサポートしているのですが、私はたまに夜ふかしして、自分の時間を作って楽しんでいます(笑)。そうやってできる範囲内で息抜きをする時間を作るのは大事だなと思いますね」

菊地亜美

————子育てをしていて、疲れやストレスを感じることはありましたか?

「世の中のママ・パパは皆さんそうだと思うのですが、子育てをしていると大変なことがたくさんあります。私ももちろん大変だと感じることはあるのですが、例えば長く休まないといけないくらい落ち込むということはなかったですね。

結婚・出産する前からの性格ゆえなのですが、私、“幸せ”と感じるハードルがすごく低くて(笑)。これまで結婚願望もなかったし、将来こうなりたいという欲も特にない。だから、理想と現実を比べて落ち込むということがないんです。幸せだと思うきっかけは本当に小さいことで、例えば、アイスのpino(ピノ)を開けた時にたまに入っている形が違う種類のものを見つけたときに感じるんです(笑)。それだけで嫌なことも忘れるし、ちょっと落ち込んでいたとしても一気に気分が上がるんですよね。

だから、もちろん子育てで苦労することはありますが、娘が笑いかけてくれたり成長を感じられたりすると、大変さを忘れて幸せだなと思いますね

————今回、主にママに向けたアイテム「ワンオペバスローブ」をプロデュースされるとのこと。そのきっかけは?

「子育て中にいろいろなグッズを使っていて、もっとこうだったらいいのにと思うことが多くて。特に、お風呂の時間はすごく大変だと感じたので、その時に使うアイテムをもっと便利にしたいと思ったんです。

子どもは想像以上に繊細で、ちょっとしたことで泣いたり、お風呂の温度ですぐ肌が赤くなったり、何かの影響でブツブツができたり。子どものことを全力でやっていると、自分のことを考える余裕がなくなっていって。でも、そういう状況に対して違和感を覚えて、もっとどうにか便利に快適に過ごせる方法があるんじゃないかなと思うようになりました。

お風呂上がりがもう少し楽になって、子どももママもハッピーになるようなものを作りたいと思ったのがきっかけです」

菊地亜美

————「ワンオペバスローブ」のこだわりを教えて下さい。

「一番は、とにかく楽チンで便利なところ。

一般的な羽織るタイプのバスローブを私もよく使っていたのですが、腰の紐が抜けたり、すぐはだけたりするので、ママが使うには少し心もとないかなと感じたんです。お風呂上がりにサッと着られて、吸水性もよくて、育児や家事をしていても不快にならないようなもの。はだけないけど、授乳もしやすい。そんなバスローブが欲しいなと思って、それら全てを叶えられるような設計にしました。

あとは、全ママさんに使ってほしいので、ウエストのゴムは伸縮性の高いものを採用。69cm〜106cmまで伸びるようになっています。袖や裾の長さ、色などの細かいディテールは、Instagram(インスタグラム)でママさんにアンケートを取って、一緒に作り上げていきました。だから、私の思いも詰まっていますが、きちんとママさんに寄り添ったバスローブが完成したのではないかなと思っています」

————4yuuu!をご覧いただいている皆さんへメッセージをください

「出産前までは、初めての出産・育児だったので、不安やわからないことがたくさんありました。でも、今は子どもが生まれる前までにはなかったコミュニティができて、いろいろと相談できるようになって。

ただ同じ“ママ”というだけで共感できることや情報交換できることってたくさんあります。出産は痛いし、産後はきつい。でも、楽しさのほうが多いと私は思っています。だから、私が何かアドバイスをするというよりは、一緒に学んだり情報交換したりしたいです。このバスローブは、そういうママさん同士の会話のきっかけにもなればいいなと思っています。

私のことを身近に感じてもらって、一緒に子育てを頑張っていきたいですね♡

菊地亜美

◆ワンオペバスローブ(アイボリー / ネイビー)
定価:9,700円(税・送料込)
発売期間:2022年8月5日(金)13:00〜8月12日(金)23:59を予定
※発売期間は前後する可能性あり

***************

インタビュー中、ずっと明るく素敵な笑顔でお話をしてくださった菊地さん。子育ても持ち前の明るさで、全力で楽しんでいらっしゃることが伝わってきました。そんな菊地さんが、ご自身の経験を元にプロデュースされたワンオペバスローブ、要チェックです♪

 

◆菊地亜美・きくちあみ Instagram/YouTube
1990年9月5日生まれ、北海道出身。
2008年、アイドルグループ「アイドリング!!!」のメンバーとしてデビュー。2014年、同グループを卒業後、タレントとしてバラエティ番組を中心に活躍。プライベートでは、2018年に結婚、2020年に第一子となる長女を出産。現在は、タレント活動の他、スキンケアブランド「Pepti Time(ペプチタイム)」や頑張るママを応援するブランド「UNf(アンフ)」のプロデュースも行う。

------------------
Model:Ami Kikuchi
Hair&Make-up:Saki Araki(ADDICTCASE)
Photographer : Chiai
------------------

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。