子どもの野菜嫌い・偏食にお悩みの方へ!ママ管理栄養士おすすめの食材とは

子どもの野菜嫌い・偏食にお悩みの方へ!ママ管理栄養士おすすめの食材とは

提供:ユーグレナ 子育て・ライフスタイル

管理栄養士として多数メディアに出演、食育セミナーの講師も務め、プライベートでは一児の母である奥田千晶(おくだちあき)さんにインタビュー。家族の栄養バランスが心配なママへ、「簡単」に「美味しく」いろんな栄養をとることができる魔法の食材を教えていただきました!

4yuuu!
4yuuu!
2021.11.22

野菜きらいくん、偏食ちゃん……そんな時はどうすれば

好き嫌いの子ども

お子さんの栄養バランスが心配な時、みなさんはどんな対策をしていますか?

「手間をかけても工夫を凝らしても、結局食べてもらえなくて怒りたくなります。/Nさん(28歳・男の子ママ)」
「うちの子は偏食+少食。栄養不足だろうなと思うけれど、無理やり食べさせるわけにもいかない。/Yさん(34歳・女の子ママ)」

などなど、どうしていいかわからない読者ママさんは多いようです。

○種類の栄養素がつまったユーグレナって知ってる?栄養士さんに聞いてみた!

管理栄養士 奥田千晶

家族の栄養バランスが不安なママへ、ぜひ知っていただきたいのが「ユーグレナ」。お肉・お魚・お野菜などに含まれる59種類もの栄養素がぎゅっと凝縮された食材なのだそう!

管理栄養士として活躍され、プライベートでは4歳の男の子ママでもある奥田千晶(おくだちあき)さんに、どれほど栄養価が高いのか聞いてみました。

————ユーグレナって何ですか?

管理栄養士の奥田千晶さん

植物と動物、両方の性質を持っているめずらしい食材です。


植物性=光合成を行なって自分で栄養素をつくることができるという特徴があります。
動物性=細胞壁を持たないので、栄養素が人間の体内に吸収されやすいという特徴があります。
つまり、私たちにとって吸収しやすい形で、たくさんの栄養素を届けてくれるということ。
 

栄養素を具体的にいうと、植物性のビタミン、ミネラルはもちろんのこと動物性のアミノ酸、魚の栄養素であるDHA、EPAなど。さらには、子どもの発育に必要と言われる栄養素の、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB群……などなど全部で59種類もの栄養素が含まれているといわれています。

 

栄養素はチームワークが大切!バランスよく揃うことで本来の力を発揮してくれます。なので、豊富な栄養素が含まれるユーグレナを摂ることで、食事で摂っている栄養素の力も高めることができますよ。

————どんな人におすすめ?

管理栄養士の奥田千晶さん

栄養が不足している方、肉・魚・野菜をあまり食べないなど偏りがちな方。特に、食べ物の好き嫌いがあるお子さん、家族を優先するあまり自分の食事をおざなりにしてしまっているお母さんですね。誰かを支えるには、自分の体を整えることが大切だと思います。

「からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ」が◎

からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ

画像:からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ

栄養価がぐんっと高いユーグレナ。手軽にとるなら『からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ』がオススメです。

石垣島ユーグレナ10億個をまるごと濃縮!美味しくて飲みやすいフルーツオレ味だからお子さまもゴクゴク飲めちゃいます♪

からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ

画像:からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ


【POINT】

 

  • 細胞壁をもた︎ず栄養が体内に吸収されやすい石垣島ユーグレナ
    細胞壁に覆われている野菜は、実は栄養が届くのが大変だそう。石垣島ユーグレナは、細胞壁をもたないため栄養が体内に吸収されやすい♪
     
  • 59種類の豊富な栄養が手軽に効率的に摂取できる
    野菜・魚・肉が持つ人間に大切な栄養素59種類がバランスよく含まれている石垣島。ビタミン、ミネラル、食物繊維が三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)の働きを調整し、からだの調子を整えてくれます。さらに、現代の子どもたちに不足しがちなカルシウム、鉄、食物繊維、DHA、EPAもたっぷり。子どもの成長や体調を整え、サポート!
     
  • ユーグレナだけが持つ独自成分「パラミロン」配合
    ユーグレナ独自の健康成分「パラミロン」は、β-グルカンの一種。食物繊維でもありますが、近年の研究により従来の食物繊維とは異なる新たな健康への応用が期待されていて、多くの学者や専門家が注目しているそう。
     
  • おいしさや栄養の豊富さだけでなく、サステナビリティへのこだわりも◎
    地球環境へ配慮した紙容器を採用!国内製造、保存料・合成着色料・人工甘味料不使用、カフェイン・トランス脂肪酸フリーなど、安心安全への配慮がされているところも魅力。

管理栄養士の奥田千晶さん

————どんな時、どんな風に飲むのがいいの?

管理栄養士の奥田千晶さん

理想は、食後にプラスして飲むのがおすすめ。
 

食事は、栄養を摂るだけではなく噛む力を育むためにも大切なんです。
噛むことで脳が刺激され、それが腸に伝わり、排便を促す。子どもは胃や腸を動かすことで体幹を整えますし、大人にとっては認知症予防にもつながります。なので、置き換えるではなくプラスして飲むのが◎
 

けれど、どうしてもご飯食べたくない!と子どもが嫌がる時もあるはず……。そんな日は、栄養がバランスよく摂れる『からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ』を必殺技として持っておくのがいいと思います。

————ママとして、おすすめポイントは?

管理栄養士の奥田千晶さん

これほど栄養素がたくさん入っている食材はなかなかないので、まさに救世主だなと思いました。

その上、子どもがジュース感覚で美味しく飲めて、人工甘味料、着色料を使っていないところがありがたい!

『からだにユーグレナ フルーツグリーンオレ』を試してみたい!

飲むだけで嬉しいサイクル♡

笑顔の親子

からだにユーグレナ

画像:(左)からだにユーグレナ Green Powder乳酸菌/(右)からだにユーグレナ グリーンタブレット乳酸菌

からだにユーグレナ』は、パウダータイプと持ち運びに便利なサプリメントタイプも。
パウダータイプはドリンクやお料理に混ぜてアレンジすることができるので、色んな楽しみ方をしたいご家庭におすすめです♡

さらに、「ユーグレナGENKIプログラム」の対象商品を買うことで、バングラディシュの子どもたちの栄養改善サポートに。
売上の一部を還元して、豊富な栄養素を持つユーグレナ入りクッキーを無償配布しているそうですよ。

「からだにユーグレナ」で美味しく栄養を摂って、誰かの健康も救う!そんな素敵で美味しいサイクルの実現を、一緒に目指しませんか?

『からだにユーグレナ』をもっと知りたい方へ

◆管理栄養士・奥田千晶 Blog
おくだちあき、1986年生まれ。大手食品メーカーで研究開発、飲食店向けのプロモーション企画提案営業、スーパーマーケットのPB商品開発、生産者のブランディング・動画マーケティングを経て独立。現在は管理栄養士の資格を活かし、雑誌やTV・web媒体・セミナーなど多数メディアに出演。小中学校で食育セミナーの講師も務める。趣味はイラストとメイク、私生活では1児の母。

----------------------
Specialist:Chiaki Okuda
Photographer : Chiai
Interview:4yuuu!
----------------------

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。