生理の日が快適になる!?話題の「吸水ショーツ」おすすめブランド10選

ファッション

今注目を集めている『吸水ショーツ』。生理の日でもナプキンなどが要らないことから、使ってみたいと感じている方は多いのではないでしょうか。でも、衛生面や洗い方など、気になることがたくさん!
そこで今回は、吸水ショーツの仕組みや洗い方、選び方などの基本知識をご紹介。あわせておすすめブランドをチェックしてみましょう。

ねこ
ai
2021.09.11

吸水ショーツとは?

花とショーツ出典:www.shutterstock.com

吸水ショーツとはその名の通り、下着自体に吸水機能があるショーツのことです。
ショーツのクロッチ部分に吸水素材が施され、経血などを吸収します。
ナプキンやタンポンなどの生理用品とは違う、生理をサポートしてくれる新しいアイテムです。

ここではまず、吸水ショーツについて詳しく解説します。

吸水ショーツの仕組みと使い方

吸水ショーツはこれまでのサニタリーショーツとは違い、クロッチ部分で経血などを吸収できる『吸水型サニタリーショーツ』です。
「なんだか気持ち悪い」と感じてしまう方もいるかもしれませんが、肌に直接触れるのは吸水・速乾素材
一度吸った水分が戻ることはないため、常にサラサラで、衛生面での心配はありません。
また、その下の吸水素材も、抗菌加工がされている場合が多く衛生的。
そして一番外側に撥水や防水加工された生地が使われています。

ブランドによって違いはありますが、このような3〜5枚仕立てで吸収する仕組みです。

特別な使い方はなく、履くだけでOK。また、生理中だけでなく、おりものや尿漏れが気になる方のデイリー使いにもおすすめです。

吸水ショーツのメリットとデメリット

ショーツを履いた女性出典:www.shutterstock.com

吸水ショーツのメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

メリット

  • 生理用品が不要
  • 洗濯して繰り返し使える
  • ゴミが出ず環境に良い
  • 普段のショーツと同様の履き心地

生理用品が不要で繰り返し使えることは、サステナブルな社会を目指している現代にぴったりですね。
そして、普段と同じ感覚で生理の日を過ごせることも、大きなメリットと言えます。

デメリット

  • 漏れる心配がある
  • 出先では履き替えにくい
  • 経血やおりものの塊は吸収しない

漏れることへの心配は、生理用品と同じかもしれません。使い慣れないうちは外出しないや量の少ない日から試してみることをおすすめします。
また、塊は吸収しない場合が多いですが、用を足す際にティッシュでふき取ればOKです。

洗い方は意外と簡単!

洗濯が必要な吸水ショーツは、面倒そうなイメージがありませんか?でも実は、洗い方はとても簡単なのです。

多くの吸水ショーツは、水がきれいになるまでもみ洗いor20〜30分浸け置きすれば、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機で洗えます。夜お風呂に入るついでに洗ってしまえば楽かもしれませんね。

注意点は、お湯での洗濯・乾燥機の使用・漂白剤・柔軟剤の使用はNGということです。
また、ブランドによっては重曹やセスキ炭酸ソーダの使用を推奨していたり、注意点があったりするので、購入時にチェックしてみましょう。

生理用吸水ショーツの選び方

3枚のショーツ出典:www.shutterstock.com

ここからは、生理用吸水ショーツの選び方をご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね!

選び方①吸水量をチェック

吸水量は、吸水ショーツを選ぶうえで重要なポイントです。吸水ショーツによって吸収量はさまざまですが、使いたい日に合わせて選ぶのがおすすめ
多い日の経血量は平均30〜50mlと言われているので、多い日用であれば30ml以上おりものが気になる日や量が少ない日用なら20ml前後の吸水ショーツを選んでみてください。

とはいえ経血量は個人差があります。とくに多い日や夜などは、ナプキン・タンポンなどの生理用品との併用が安心かもしれませんね。
いくつかの吸収量を揃えて、量によって使い分けることをおすすめします。

選び方②形やサイズをチェック

吸水ショーツは、スタンダードなショーツタイプやボクサーパンツタイプが一般的。好みのタイプで選ぶのはもちろんOKですが、量が普通の日はスタンダードタイプ多い日や夜用には漏れにくいボクサータイプなど、複数の型を揃えると◎

そしてサイズも大切なポイントです。体にフィットするサイズを選ぶことで、隙間からの漏れを防ぎます。

選び方③機能性をチェック

吸水ショーツは、ブランドによってさまざまな機能性の違いがあります。吸水部分が抗菌・防臭加工をされた生地が使用されているものは、生理や尿漏れ特有のニオイも気になりにくいでしょう。
また、吸水部分がセパレートされた商品は洗濯がしやすく、乾きやすいというメリットがあり衛生面が気になる方におすすめです。また、セパレートされていることで羽付きナプキンとの併用もしやすくなっています。

各ブランドの違いを比較して、自分の使い方に合った吸水ショーツを選んでくださいね。

生理用吸水ショーツおすすめブランド10選

ここからは、生理用吸水ショーツのおすすめブランドをご紹介します。
UNIQLO(ユニクロ)やgu(ジーユー)などの身近なブランドをはじめ、高い吸収力で人気のブランドをピックアップしました!

また、選び方のポイントを踏まえ、

  • 吸水量
  • 種類
  • サイズ
  • 機能性

の4点を比較しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

Be-A

Be-A出典:withbe-a.com

Be-A(ベア)は、吸収力にこだわったブランドです。
尿漏れ下着製造の高い技術を持つ日本国内の工場で作られてるだけあって、ショーツ1枚で120mlもの吸収量があります。
多い日の平均量が30〜50mlと言われているので、その凄さが分かりますね!

種類はスタンダードなシグネチャーショーツと、大容量のウルトラ ヘビー&ナイト ショーツ。形はどちらもボクサータイプで、吸水量に違いがあります。冷えやすいお腹を包み込んで温める、ぬくもり設計も嬉しいポイントです。

  • 吸水量(ml):120・150
  • 種類:1型
  • サイズ:S〜3L、(ジュニアタイプ)140〜160
  • 機能性:セパレート設計、抗菌防臭加工、ぬくもり設計

販売サイトをチェック

公式サイトをチェック

Nagi

Nagi出典:nagi-jp.com

約1年半もの月日をかけて開発されたNagi(ナギ)。
日本メーカーの生地を使用し、国内工場で1枚1枚ていねいに製造されています。
吸水ショーツは、ヒップ全体を包むフル標準的なスタンダードタンガショーツに近いスリムの3型。
そろそろ生理が来そうな日から多い日まで揃います。
フルタイプはウエストまで吸水面があり、吸水量はなんとおよそナプキン10枚分
また、吸収体を防水シートで囲むことで水分をせき止める仕組み。
漏れる心配をせずに過ごせそうですね。カラフルなカラーバリエーションも◎

Biople by CosmeKitchenの21店舗でも取り扱われています。

  • 吸水量(ml):20・60・105
  • 種類:3型
  • サイズ:XS〜XL 
  • 機能性:抗菌防臭加工

公式サイトをチェック

UNIQLO

UNIQLO出典:www.uniqlo.com

UNIQLO(ユニクロ)からも、2021年9月17日(金)に吸水ショーツが販売されます。
身頃生地がエアリズムになっているのがユニクロならではの特徴です。蒸れやすい生理期間を快適に過ごせそうですね。

幅広いサイズ展開もユニクロならでは。形はスタンダードな1型のみの販売ですが、人気が出ればほかの型も販売されるかもしれませんね。
手ごろな価格なので初めての吸水ショーツにも◎

  • 吸水量(ml):30〜40
  • 種類:1型
  • サイズ:XS〜3XL
  • 機能性:エアリズム生地、ドライ・抗菌防臭機能

公式サイトをチェック

GU

GU出典:www.gu-global.com

GU(ジーユー)では、ユニクロより一足早く吸水ショーツが販売されています。公式ストアではサイズ欠けしていることもあり、人気の高さがうかがえますね。
吸収量が少なめなので、生理がきそうな日や終わりかけ用、デイリー使いにおすすめです。
手に取りやすい価格なのに、クロッチ部分はしっかりと抗菌防臭加工され、羽付きナプキン併用OKの作りになっていて機能性は十分です。

guもユニクロも、サイズや型などのさらなる商品展開を期待したいですね。

  • 吸水量(ml):15~20
  • 種類:1型
  • サイズ:S〜XL、XS・XXL・3XL(オンラインストアのみでの販売)
  • 機能性:抗菌防臭加工

公式サイトをチェック

MOONPANTS

MOONPANTS出典:www.moonpants.jp

台湾の女性たちが開発したMOONPANTS(ムーンパンツ)。
“漏れない・蒸れない・におわない”がコンセプトで、そのための工夫が盛りだくさんです。
抗菌加工された新素材の4枚重ね、さらに縫い目から漏れないようにシームレス加工になっています。

吸収量はデイタイムとヘビー&ナイトの2種類。形はこれまでのスタンダードなタイプに加え、ボクサータイプとハイウエストタイプが仲間入りしました。ヒップ部分がレースになったデザインもあり、生理の日もおしゃれをしたい方におすすめのブランドです。

  • 吸水量(ml):10〜15、15〜20
  • 種類:3型
  • サイズ:S〜XL
  • 機能性:シームレス加工、抗菌加工

公式サイトをチェック

Girls Leap

Girls Leap出典:www.girls-leap.com

Girls Leap(ガールズ リープ)は、開発者の方が年頃の娘さんのために作った吸水ショーツブランドです。学校でナプキンを出すドキドキを減らしてあげたい、生理中少しでも快適に過ごしてほしいといった想いが込められています。
腰まである防水布は、漏れない安心感がありますね。
もちろん大人用のサイズもあり、ジュニア用も2サイズ展開なのが嬉しい配慮ですね。
お得なセット販売もあるので、親子で試してみるのも良いですね。

  • 吸水量(ml):20
  • 種類:2型
  • サイズ:ガールズ、ジュニア、M、L
  • 機能性:制菌加工、消臭加工

販売サイトをチェック

公式サイトをチェック

HUG you

HUG you出典:hugyou-life.com

HUG you(ハグユー)は、スポーツ中にも漏れない吸収ショーツを目指した日本のブランドです。
安心してスポーツを楽しめるように、漏れたりズレたりしにくいよう考えて作られています。
大きな特徴は、吸収体が股ぐりに沿った逆U字構造。内ももから漏れることを防いでくれますよ。

ショーツは1型ですが珍しいレギンスタイプがあり、アクティブな方におすすめです。
20ml吸収可能なサポートパッドと併用すると、吸収力がアップし安心感が増します。別々で洗濯できるので衛生面も◎

  • 吸水量(ml):50
  • 種類:1型
  • サイズ:S〜L
  • 機能性:スポーツOK、5重構造、消臭機能、抗菌・防臭機能

公式サイトをチェック

EvaWear

EvaWear出典:www.integro.jp

月経カップを扱うINTEGRO社から販売されているEvaWear(エヴァウェア)は、カリフォルニアのブランドです。
フィット感のある高機能性素材で、生理の日もアクティブに動きたい方におすすめ
ビキニ、ヒップスター、ボーイショーツ、ブリーフの4型から好みのタイプが選べます。

吸水量は少なめですが、多くない日は十分です。
夜や多い日の使用はナプキンなど生理用品との併用が◎おりものが気になる日にもおすすめです。

  • 吸水量(ml):20
  • 種類:4型
  • サイズ:S〜XL
  • 機能性:-

公式サイトをチェック

Period.

Period.出典:period-tokyo.com

Period.(ピリオド)は、シンプルで履き心地の良さを追求した吸水ショーツをつくっています。6型のスタイリッシュなデザインがあり、カラーはブラックのみ。シンプルでおしゃれな吸水ショーツを探している方におすすめです。

“Sports0”タイプは、『何も身につけていないかのようなゼロ感覚』がコンセプト。下着の締め付け感が気にならないのは嬉しいですよね。複数購入で割引があるのも◎洗い替えが揃えやすいですよ。

  • 吸水量(ml):20・30
  • 種類:6型
  • サイズ:S〜XL
  • 機能性:抗菌防臭加工

販売サイトをチェック

公式サイトをチェック

comfits

comfits出典:fran-de-lingerie.com

comfits(コンフィッツ)は、下着専門店がフィッティングにこだわって開発したブランドです。
アジア人特有のヒップの形を考えて作られていて、ずれにくいフィット感があります。
サイズ展開も形のバリエーションも豊富で、初潮から更年期まで幅広く使えますよ。

身生地は、通気性が良い1枚仕立てと、防水&撥水加工の2枚仕立てから選べます。

  • 吸水量(ml):7・30・45・60・75
  • 種類:6型
  • サイズ:XS〜3L
  • 機能性:抗菌防臭加工、1枚仕立て・2枚仕立てあり

販売サイトをチェック

公式サイトをチェック

吸水ショーツで生理の日も普段通りの生活を♡

吸水ショーツはナプキン要らずの新しいアイテム。煩わしい生理の日を快適なものに変えてくれます。
たくさんのブランドから女性のために考え抜かれた吸水ショーツが販売されているので、ぜひ試してみてくださいね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。