「たすき掛け」がダサ見え!?NGコーデと着こなしのポイント5つ

ファッション

2021夏のトレンドコーデとして話題を集めている「たすき掛け」ですが、一歩間違えるとダサ見えしてしまう可能性もあるので要注意!
今回は、たすき掛けをする上で避けるべきNGコーデを、着こなしのポイントを交えながら解説していきます。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2021.08.06

ダサ見え注意!「たすき掛け」のNGコーデ①柄ワンピース×シャイニー素材シャツ

夏コーデの女性出典:wear.jp

たすき掛けの着こなしだけでなく、どのような着こなしでも、バランスは重要なポイントですよね!

ボーダー柄のワンピースが主役の場合、存在感のあるシャイニー素材のシャツでたすき掛けをするのはNGコーデです。

ダサ見えしないよう、シアー素材や通常の綾織り素材のシャツをたすき掛けするスタイルがおすすめです♡

ダサ見え注意!「たすき掛け」のNGコーデ②ショートパンツにたすき掛けをする

夏コーデの女性出典:wear.jp

パッと目を引くショートパンツを使った着こなしは、露出が増えることから、たすき掛けをするのはNGコーデ!

露出を控えつつ視線を上げたいときには、たすき掛けよりも肩掛けがおすすめです。

ちょっとしたポイントでおしゃれ見えとダサ見えの境界線の分かれ道になってしまうので、細心の注意を払いましょう。

ダサ見え注意!「たすき掛け」のNGコーデ③シャツだけ明るいカラーを選ぶ

夏コーデの女性出典:wear.jp

全身を濃色でまとめた落ち着いた印象の夏コーデに、たすき掛けするシャツだけ明るいカラーを選ぶのは避けましょう。

たすき掛けをしているシャツだけ浮いてしまうので、NGコーデになってしまいます。

ダサ見えしないのは、馴染むカラーのシャツや、ワントーン明るいカラーのシャツを選んだコーデです♡

他にも気をつけるべき「NGコーデ」が気になる方は、こちらをチェック!

ダサ見え注意!「たすき掛け」のNGコーデ④全身を濃色でまとめる

夏コーデの女性出典:wear.jp

一方で、ワンピースにもたすき掛けするシャツにもトーンが同じ濃色を使うのはNGコーデ。

理由は、境が分からず、スタイルアップ効果を得られないから。

濃色ワンピースを着るときには、ボーダー柄のカーディガンや、ストライプ柄のシャツなどを使ってたすき掛けすると、ダサ見えせずおしゃれな夏コーデが完成しますよ♪

ダサ見え注意!「たすき掛け」のNGコーデ⑤全身を淡色でまとめる

夏コーデの女性出典:wear.jp

最後にご紹介するのは、全身を淡色でまとめたNGコーデ!

ワンピースもたすき掛けをするシャツも淡色を選ぶことで、今っぽいワントーンコーデに仕上がる一方、膨張して見えてしまうのも事実です。

だからこそ、シャツには濃色を選ぶと◎
ダサ見えすることなく、視線が上がってスタイルアップ効果が期待できますよ♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。