【マタニティフォトのセルフ撮影】おしゃれにするコツと人気のポーズ

子育て・ライフスタイル

妊娠の思い出作りに人気のマタニティフォトですが、大きなお腹でのスタジオ撮影は不安になることも。そんなときにおすすめなのが、マタニティフォトのセルフ撮影です。
100均アイテムを使うなどすれば、スタジオに行かなくてもおしゃれな写真を自宅で撮影することができますよ。
一生の思い出に残るマタニティフォトを、セルフ撮影でおしゃれに撮るコツやポーズなどをご紹介します。

マタニティフォトとは

ドレス姿で横になっているマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

マタニティフォトとは、これから生まれてくる赤ちゃんとお腹の大きな妊婦さんの姿を撮影する記念写真のことです。
マタニティフォトといえば、臨月の大きなお腹の時期に撮影するイメージがありますが、最近は、妊娠周期にあわせてセルフで毎月撮影する「お腹の赤ちゃんの成長記録」も人気です。

少しずつ大きくなる赤ちゃんやその時のママの様子を、写真を通して思い出すきっかけにもなりますね。
マタニティフォトは、コツさえ分かれば誰でも簡単におしゃれなセルフ撮影を楽しむことができ、多くの女性たちの間で話題になっています。

マタニティフォトのセルフ撮影

マタニティフォトを撮影している様子出典:www.shutterstock.com

マタニティフォトのセルフ撮影に挑戦したいけど、いつ、どのように始めたらいいのか迷ってしまいがち。
せっかくなら、スタジオで撮ったようなおしゃれな写真を撮りたいですよね!

マタニティフォトのセルフ撮影におすすめの時期や場所、衣装のポイントなどをご紹介します。

おすすめの時期

エコー写真とマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

マタニティフォトのセルフ撮影で一番おすすめの時期は、妊娠7〜9ヶ月です。
安定期を迎えた妊娠後期は体調も安定しやすく、お腹もふっくらしているので写真映えします。

出産間近の臨月期間は、お腹が大きくなりすぎてなかなか身動きが取りづらくなってしまうため、余裕を持って避けておくと安心。この時期は、人によっては赤ちゃんが早く下に降りてきてしまうこともあるので、無理せず安静に過ごしましょう。

「赤ちゃんの成長記録」として楽しむなら、10ヶ月の妊娠期間、毎月撮影するのもおすすめ!
その際、撮影する日付を毎月決めておくと、お腹の大きさの変化をきちんと比較して楽しむことができますよ。

おすすめの場所

花畑でマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

マタニティフォトのセルフ撮影で人気の場所は、自宅や公園、海、思い出の場所などがあげられます。
ロケーションによってマタニティフォトの仕上がりは格段と異なるので、おしゃれな写真を撮りたいなら場所にこだわることが大切です。

迷ったら、テーマを決めるなどしてこだわりたいポイントを選ぶといいですね。
夫婦の思い出の場所を巡ったり、リゾート空間にしたり。リラックスできるかなどを考えて、撮影場所を選んでみましょう。

マタニティフォトのセルフ撮影を外で行う場合は、真夏は熱中症、冬は体が冷えてしまうなど、気温によっては体調に影響が出る恐れがあるため避けることをおすすめします。

おすすめの衣装

白いレースのドレスを着たマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

マタニティフォトのセルフ撮影で悩むのが衣装ではないでしょうか。
お腹を見せる場合、トップスを上にめくってお腹を出すだけでも写真映えに!

お腹を見せるのが恥ずかしいという方は、普段のマタニティワンピースやカジュアルな服装などでもOK。
なるべくお腹のふくらみがわかる服を選ぶのがおすすめです。

服の色は、の服の方が明るく見えるのでおすすめ。
自宅や外で撮影する場合はスタジオなどのように光の微調整が難しいため、なるべく明るい色を選ぶと良いでしょう。

このように、セルフでも色や衣装を工夫することで、ふんわりとナチュラルなマタニティフォトのセルフ撮影が楽しめますよ。

マタニティフォトのセルフ撮影をおしゃれにするコツ

小物でアレンジ

エコー写真とベビー靴下をお腹に当てたマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

マタニティフォトのセルフ撮影をよりプロっぽくおしゃれに見せたいなら、小物を加えたショットがおすすめ。
以下のような、ベビーグッズやお花などがマタニティらしくてぴったりです。

・ベビーシューズ
・ベビー服
・エコー写真
・お花
・風船
・ボード

マタニティフォトをセルフで毎月撮影するときに、ボードに妊娠月を書いて撮影するとより一層おしゃれな仕上がりに。
また、お腹の赤ちゃんへのメッセージを書くのも可愛いですよね。

マタニティフォトのセルフ撮影に使えそうな小物は、100均アイテムで揃えてもOK!
おしゃれで可愛いグッズがお手頃な値段で揃えることができますよ。

衣装はお腹が出るものに

お腹にペイントしたマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

マタニティフォトをセルフで撮影するなら、お腹が出る衣装にして、ペイントでイラストやメッセージを書き込むのもおしゃれで人気です。

ボディペイント用の肌に負担がかからないペンがあれば、プロに頼むよりもお手軽に楽しむことができますよ。
イラストが上手な人に描いてもらったり、旦那さんにお願いするのもいいですね。

しっかりお腹を出すのが恥ずかしいという方には、レース生地の衣装がおしゃれでおすすめ!
透け感のある生地なので、お腹をさり気なく隠して見せつつも、エレガントで女性らしい雰囲気が作れますよ。

光の調整

白いカーテン前で立つマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

おしゃれなマタニティフォトをセルフ撮影するときに気をつけたいポイントが、調光です。
おしゃれに小物でアレンジしても、お部屋が暗すぎると地味な印象になってしまいます。

自宅で撮るのなら、白いカーテンで透明感を出すなど、太陽の光をうまく利用して撮影するとおしゃれな雰囲気に仕上がりますよ。
他にも、あえて逆光でふんわり感を出したり、遮光で立体感を出したり。
衣装やイメージにあわせて光の調整をおこなうと、おしゃれなマタニティフォトセルフが作れます。

背景はこだわって

日没のビーチでのマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

マタニティフォトのセルフ撮影は、背景によって写真の仕上がりが大きく変わってきます。

自宅でおしゃれな演出が難しい場合は、海や公園などを背景にするのもおすすめ!
リラックス感のあるナチュラルな雰囲気がマタニティフォトにぴったりです。
海なら、砂浜に文字を書いたり小物を加えたりアレンジすることも可能ですよね。

自宅で撮影する場合は、シンプルな白い壁紙が明るい雰囲気になっておすすめ。
壁紙にウォールステッカーなどを貼っておしゃれにアレンジしてもいいですね。

マタニティフォトおすすめポーズ6選

マタニティフォトは、どんなポーズで撮影するとよいのでしょうか。

セルフ撮影におすすめの6つのポーズをご紹介します。

おすすめのポーズ①お腹に手を添えて

お腹に手を添えたマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

マタニティフォトのセルフ撮影で人気の撮り方が、お腹に手を添えるポーズです。
まるで赤ちゃんを抱っこしているような愛おしい姿は、まさにマタニティフォトにぴったり!
お腹の中にいる赤ちゃんを、大切に育てて守っている様子が写真から伝わってくる感動的なポーズです。

結婚指輪が見えるように、夫婦で一緒に手を添えるのもいいですね。ママだけでなく、パパも一緒だという意味も込められます。
全身を撮らなくても、お腹に手を添えている部分のアップだけでも素敵なショットになりますよ。

おすすめのポーズ②手でハートマーク

お腹に手でハートマークを作ったマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

大きなお腹に手でハートマークを作ったポーズも、マタニティフォトのセルフ撮影で人気の撮り方です。
おへそが真ん中にくるようにしてハート型を作るとバランスもバッチリ◎
赤ちゃんの愛情や可愛らしさもハートから伝わってくるポーズです。

さらに、ベビーシューズなどの小物で可愛らしくまとめるのもおすすめ!
お腹に手を当てるだけのポーズはベッドで横になりながらでも撮影できるので、安静中のママでもマタニティフォトのセルフ撮影が楽しめるおすすめの撮り方です。

おすすめのポーズ③2人でお腹に手を当てて

旦那さんが後ろから抱きしめてお腹に手を当てたマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

夫婦でマタニティフォトのセルフ撮影をするなら、2人でお腹に手を当てたポーズも人気の撮り方です。

この場合、友達や家族に頼んで撮影してもらうか、タイマーをセットして夫婦で撮影してもいいでしょう。
脚立があると、写真がブレずに慌てずに撮影できます。

ただお腹に手を添えるだけでなく、旦那さんに後ろから抱きしめてもらうと、夫婦の愛を感じられる素敵な家族写真になりますよ。思い出の場所での撮影や旅行中の写真のショットにもおすすめのポーズです。

おすすめのポーズ④お腹をくっつけ合って

夫婦でお腹をくっつけ合ったマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

オリジナリティのある楽しいマタニティフォトのセルフ撮影にしたいなら、夫婦でお腹をくっつけてみるポーズもおすすめです。
赤ちゃんとパパのお腹で「こんにちは」と挨拶しているような、可愛い家族写真になりますよ。

他にも夫婦で色々なポーズを試してみると撮影の時間が楽しく盛り上がりそうですね。
マタニティフォトのセルフ撮影なので、タイマーを設定して挑戦してみると、気軽で楽しい時間が過ごせそう!

おすすめのポーズ⑤エコー写真と一緒に

エコー写真をお腹に当てたマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

最近のマタニティフォトのセルフ撮影でトレンドになっているのが、エコー写真を手に持ったポーズです。
お腹に当てて撮影することで、赤ちゃんとの初めての家族写真に!

また、お腹の大きさにあわせて赤ちゃんの様子がわかるため、妊娠初期などお腹が目立たない時期のマタニティフォトにもおすすめです。

「赤ちゃんの成長記録」として、毎月エコー写真と一緒にマタニティフォトのセルフ撮影をしてもいいですね。
性別が分かった時期、顔立ちがしっかりしてきた時期など、毎月の変化が一生の思い出に残るでしょう。

おすすめのポーズ⑥子どもと一緒に

子どもとマタニティフォト出典:www.shutterstock.com

お腹の子が2人目や3人目の妊婦さんは、子どもたちと一緒にマタニティフォトのセルフ撮影をするのもにぎやかになっておすすめ。

一緒に公園でのんびりと撮影したり、お腹にペンでお絵かきしてもらったりすると、子どもらしい愛があふれた素敵な家族写真になりそうですね。子ども

お腹にキスをしてもらうポーズなら、まるで天使のような可愛さに!
特別感を出すために、子どもたちの衣装にもこだわりたいところ。白色の服なら、手軽に着用できるうえに明るくナチュラルな雰囲気の写真が撮れますよ。

マタニティフォトのセルフ撮影で素敵な思い出に

夫婦でベンチに座ったマタニティフォト

赤ちゃんを迎えるまでの10ヶ月の妊娠期間は、ここでしか体験できないかけがえのない大切な時間です。
一生の思い出作りのためにも、おしゃれなマタニティフォトで記念に残してみませんか?

ご紹介した撮影のコツやポーズを活用することで、スタジオに行かなくてもおしゃれな写真を撮ることができます。
マタニティフォトをセルフで撮影して、夫婦や家族で楽しみましょう!