赤・青・黄、どの色にする?子供部屋の壁紙の効果がスゴい!?

インテリア

子供が自分の部屋で一人で勉強したり遊んだりできるように、子供が喜ぶおしゃれで可愛い部屋を作ってあげたいですよね。
イメージをガラッと変えるなら壁紙の色を変えるだけでも海外の子供部屋のようなおしゃれな空間が作れますが、どの色にしようか迷ってしまうものです。
そんなときは、色が与える効果を参考にして選んでみませんか?
今回は、赤・青・黄色の3色から子供部屋の壁紙効果についてご紹介いたします!

どの色にする?子供部屋の壁紙の効果①集中力をアップさせたいなら「青」

青い壁紙の子供部屋引用:www.shutterstock.com

青い空、海……を連想させる青は、気持ちを落ち着かせる作用がある色だといわれています。
子供部屋の壁紙の色にすることで、集中力をアップさせて落ち着いた気持ちで勉強に取り組むことができるでしょう。

「うちの子は落ち着きがなくて困る」「集中力をアップさせたい」「頭のいい子に育てたい!」と思っている方にぴったり。
特に小学校に入る前の子供はまだ机に向かってジッとすることが難しい年頃なので、小学生までの子供におすすめの壁紙です。

また、青色には冷静に判断する力をアップさせる効果もあるそうなので、兄弟姉妹のケンカが減って少しは穏やかに過ごしてくれるかも♪

どの色にする?子供部屋の壁紙の効果②やる気をアップさせたいなら「赤」

赤い壁紙の子供部屋引用:www.shutterstock.com

エネルギーに満ちた赤色は、まさにやる気をアップさせたい時に◎
青色と同じく集中力もアップするそうですが、赤色は一時的に気分を高めたいときに特におすすめです。

「受験勉強が進まない」「リーダーとしてみんなをまとめたい」「発表会を成功させたい」など、目標に向かって物事を進めたいときに、赤色効果でやる気をアップさせて能力を高めてくれるでしょう。

子供部屋に赤色の壁紙を取り入れる場合は、あまり全面を赤にしてしまうと興奮しすぎてしまうそうなので、一部分だけ赤にしてみたり青や緑を差し色にしたり適度に加えるのがポイントです♪

どの色にする?子供部屋の壁紙の効果③ポジティブになってほしいなら「黄」

黄色い壁紙の子供部屋引用:www.shutterstock.com

黄色といえば金運アップのイメージがありますが、気持ちを明るくしたり記憶力を高めたりと知性をアップさせる効果も期待できる色なんです。

「自信がなくてマイナス思考」「すぐに緊張してしまう」「記憶力をアップさせたい」といった悩みも、黄色効果で気持ちがポジティブになることで自信がつき、その結果会話力や理解力がアップするなど物事が良い方向に進んでいくでしょう。

受験やテスト前は緊張するなど本番に弱いタイプの子におすすめの壁紙です♪

 

以上、青・赤・黄の色別に子供部屋の壁紙効果についてご紹介しました。
壁紙はインテリアのインパクトが強いため色を変えるのは勇気がいりますが、このように子供への効果を考えると迷わずに模様替えに取り組むことができそうですよね。
子供部屋作りはただおしゃれなだけでなく、色の意味を考えることで効果的な空間を作ることができるでしょう!