DIYで人気!男前のセメント鉢は夏のインテリアにおすすめ♪

インテリア

暑い夏は、少しでも涼しく感じるお部屋作りをしたいもの。
夏は、海をイメージした西海岸スタイルや、い草を用いた涼しげな和テイストなお部屋も人気ですよね。
そんな中、無機質なセメント素材のアイテムを使ったインテリアが夏に注目されているのはご存知でしょうか?
セメントやコンクリートのアイテムは見た目が涼しげで、スタイリシュでクールなイメージを演出してくれ、話題の男前インテリアとの相性もぴったりなんです。
今回は、気軽に取り入れやすいおしゃれなセメント鉢のアイテムやDIYについてご紹介いたします。

夏のインテリアにおすすめ!セメント鉢の魅力は?

セメント鉢引用:www.shutterstock.com

おしゃれなデザイナーズルームなどで良く見かける、セメントやコンクリートを使ったインテリア。
それだけ見ると無機質で冷たくて暗いイメージがありますが、お部屋のアクセントとして取り入れれば、スタイリッシュでおしゃれに見せることができます。

クールな見た目はとても涼しげで、夏のインテリアにもぴったり!
しかも、ナチュラルなアイテムや植物などのグリーンとも相性抜群なんです。

そんなスタイリッシュなセメントグッズを気軽に取り入れるなら、セメント鉢がおすすめ。
いつもの部屋に置くだけでおしゃれなアクセントになります。
シンプルなアイテムなので、どんな植物やインテリアにも合わせやすいのが魅力です♪

夏インテリアに◎セメント鉢は「インスタントセメント」があればDIYも可能♪

コンクリートとブロック引用:www.shutterstock.com

夏のインテリアにおすすめのセメント鉢は「インスタントセメント」を使えば、自宅で簡単にDIYすることができます。

まず、間違いやすい「セメント」と「モルタル」と「コンクリート」の違いについてですが、セメントに砂を加えたものがモルタル、セメントに砂と砂利を加えたものがコンクリートです。
セメントは粉状のものなので、セメントだけではペースト状で固めることはできません。

トーヨー 30分速乾性インスタントセメント 4kg引用:www.amazon.co.jp

インスタントセメントとは、あらかじめ砂が混ざってるセメントのことで、水を加えるだけで簡単にモルタルを作ることができます。
砂を混ぜるのは準備も大変そうですが、水だけなら家でも手軽にできそうですよね。

インスタントというネーミングから、なんだか強度が心配になるかもしれませんが、水の分量をきちんと守れば、通常のモルタルと変わらない強度と耐久性になります。

強度を強めようと砂を混ぜてしまうと配合バランスが崩れてしまうのでNG!
インスタントセメントの場合は、袋に書かれている通りの水量を加えましょう。

トーヨー 30分速乾性インスタントセメント 4kg

¥1,280

販売サイトをチェック

夏インテリアに◎セメント鉢の簡単DIY

多肉植物を植えている女性引用:www.shutterstock.com

夏に挑戦したいセメント鉢の作り方をご紹介します。
セメント鉢を作るには、型に入れてインスタントセメントを固める必要がありますが、型は牛乳パックや紙コップなど自宅に余っている容器を使って作ることができます。

必要な道具は、ホームセンターや100均で手軽に入るものなので、すぐに揃えることができますよ。

<材料>

  • インスタントセメント
  • 鉢の型(牛乳パックか紙パック)
  • ラミネートの紙コップ(中穴用)
  • バケツ
  • ビニール手袋
  • ミョウバン
  • ヘラか割り箸

インスタントセメントを混ぜる際に汚れる可能性がありますので、家の中で作業をする場合は新聞紙を敷いておくと安心♪
服装は、汚れても良い格好でするようにしてくださいね。
牛乳パックは、作りたい鉢の型のサイズにあらかじめカットしておきましょう!

<作り方>

  1. インスタントセメントをバケツに移し、水を入れながら混ぜる
  2. 混ぜたインスタントセメントを牛乳パックの半分の高さまで流し込む
  3. 中穴用のラミネートの紙コップを牛乳パックに入れる。プラカップが浮かばないように、中に重りを入れると◎
  4. 数時間乾燥させて固まったらカップをはがす
  5. ミョウバン水につける(植物を入れる場合)

以上で完成です。
セメント鉢だけでなく、文房具などの小物入れとしてお部屋に飾ってもおしゃれなインテリアになりそうですね。

ただし、植物を入れる際の注意点として、セメントは強アルカリ性なので植物が枯れやすくなってしまいます。
その対策としてミョウバン水につけて、水酸化ナトリウムを取り除く必要があります。

ミョウバン引用:www.amazon.co.jp

<ミョウバン水のつけ方>

  1. 0.1%のミョウバン水を作り、セメント鉢をミョウバン水の中にいれる
  2. 次の日、3日後、7日後にミョウバン水を交換する
  3. その後水道水に入れて2週間くらい放置する

つける期間はセメント鉢の大きさにもよりますが、上記の工程で中性にすることができます。
pH試験紙を使えば、把握しやすいでしょう。

【焼ミョウバン】硫酸アルミニウムカリウム(乾燥) 100g

¥388

販売サイトをチェック

夏インテリアに◎おしゃれなセメント鉢①シンプルなホワイトセメント鉢

セメント シリンダー型 陶器鉢 引用:item.rakuten.co.jp

作るのは簡単だけど、植物を植えるとなるとミョウバン水につける時間がかかってしまうセメント鉢。
手っ取り早く使いたいなら購入するのが手軽です。

植物とセットで売られていることもあるので、どの植物にしようか迷っている人にはこうしたセット商品がおすすめです。

こちらは、ユーカリとホワイトカラーのセメント鉢がセットになった商品。
スタイリッシュなセメント鉢と小さくて丸みのあるユーカリの葉っぱの組み合わせがおしゃれです。
これなら、どんな部屋でもマッチし、インテリアのアクセントとしても◎

ユーカリ セメント シリンダー型

¥2,760

販売サイトをチェック

夏インテリアに◎おしゃれなセメント鉢②凸凹感がおしゃれなデザイン

ベンジャミン バロック セメント鉢引用:item.rakuten.co.jp

シンプルでスタイリッシュなセメント鉢も良いですが、凸凹感のあるセメント鉢はインテリアに高級感をプラスできそう!

こちらは、くるんと丸まった葉っぱがかわいい、ペンジャミンバロックのグリーンとセットになった商品。
葉っぱが濃い緑色なのに対して、茎や芽が黄緑色になっており、グラデーションが楽しめる植物です。

凸凹デザインのセメント鉢は、置くだけでお部屋が一気にセンスアップすること間違いなし♪

ベンジャミン バロック 鉢植え おしゃれなセメント鉢

¥6,480

販売サイトをチェック

夏インテリアに◎おしゃれなセメント鉢③内側のカラーが選べる♪

LUCIO 11 セメント鉢カバー引用:item.rakuten.co.jp

落ち着いたグレー色が上品でスタイリッシュなセメント鉢ですが、内側がカラーリングされたこんなセメント鉢もおしゃれでかわいいですよね。

外側はDIY風に色付けされたカラーですが、内側は赤、黄色、白、緑の4色から選ぶことができます。

スタイリッシュなデザインながらも、かわいさもある鉢は、インテリアに凝っているおしゃれさんにもおすすめのデザイン!
自分でDIYする際も、色付けすればオリジナルのセメント鉢が作れますよ。

LUCIO 11 セメント鉢

¥918

販売サイトをチェック

夏インテリアに◎おしゃれなセメント鉢④ロゴ入りスクエアポット

植木鉢 アクセプト・スクエアポット・L 引用:item.rakuten.co.jp

トレンドライクなインテリアに仕上げたい!と願う人におすすめなのが、スクエアタイプのセメント鉢。
定番の円形ではなく、四角いスクエアタイプの鉢はスタイリッシュでセメントの材質との相性も抜群です。

おしゃれなロゴ入りなので、クールすぎずかわいいさも程よく演出♪
10cmほどのコンパクトなサイズですが、水抜き穴も付いているので、多肉植物など小さな植物を植えるのにもぴったりです!

植木鉢 アクセプト スクエアポット L

¥302

販売サイトをチェック

夏インテリアに◎おしゃれなセメント鉢⑤レンガ調のレトロなデザイン

レンガ調ポット引用:item.rakuten.co.jp

軽量セメントを使用したのが、こちらのレンガ調のセメント鉢!
温かみのあるレンガ調はコンクリート調とまた違って、レトロでナチュラルなインテリアを演出してくれます。

煙突にも見えるので、冬はクリスマスのツリーを飾ってみるのもおしゃれかも♪
また、マリオのブロックにも見えるので、ゲーム好きのお子さんのおもちゃ箱として活用するのもおすすめです。

レンガ調ポット

¥1,799

販売サイトをチェック

夏のインテリアにおすすめなセメント鉢の魅力についてご紹介しました!
セメント鉢があれば、デザイナーズインテリアのようなコンクリート調の空間も手軽に楽しむことができそう。
インスタントセメントを使えばDIYも簡単にできるので、ぜひお子さんと一緒に挑戦してみてはいかがでしょうか♪