夏に観葉植物が枯れてしまう……4つのNGとその対策とは?

夏に観葉植物が枯れてしまう……4つのNGとその対策とは?

インテリアに欠かせない観葉植物ですが、植物は生き物だからこそ、環境が悪いと枯れてしまうもの。

「ちょっと葉っぱが黄色くなってきた」「最近元気がない……」と思ったら、お部屋の環境を見直して、急いで対策してあげましょう!

今回は、観葉植物を育てる4つのNGとその対策について、ご紹介します。

夏に観葉植物が枯れる……4つのNG&対策① 直射日光を当ててしまう

室内で育てやすい観葉植物は、少々日当たりが悪い場所でも元気に育つ品種が多いもの。

逆を言うと、直射日光に当たってしまうと“葉焼け”を起こしてしまうことがあります。

日差しが強い夏場には、窓際に置く際にもレースのカーテンを引いてあげるなどして、日差しを和らげてあげましょう。

また、観葉植物の種類から「日当たりを好む」「直射日光を避ける」「半日陰」といった耐陰性をチェックしておきましょう。

夏に観葉植物が枯れる……4つのNG&対策②冷房を直接当ててしまう

夏の暑い日には、観葉植物を置いた部屋でエアコンを使うこともあるでしょう。

もしもエアコンの風が観葉植物の葉に直接当たるようなら、それも枯れる原因に……。

冷気で乾燥し、植物にダメージを与えてしまうためです。

対策としては、エアコンの風が当たらない場所に植物をお引越しすることが一番!

毎日、葉っぱの表面を観察して、カラカラになる気配があれば、霧吹きなどで保湿してあげましょう。

夏に観葉植物が枯れる……4つのNG&対策③ 水やりしすぎてしまう

枯れる兆候が見られると、「夏で暑いから、お水が足りていないのかな?」と、ついつい観葉植物に水やりを頻繁にしてしまいがちです。

でもこれが、植物が枯れる原因になってしまうこともあるんです。

必要以上に水が多いと、植物が根腐れを起こしてしまったり、土にカビが生えてしまうことも……。

水やりの目安は、鉢の土表面が乾いているときで、土の表面が湿っているようなら水やりは不要です。

夏に観葉植物が枯れる……4つのNG&対策④ 同じ鉢に植えっぱなしにしている

観葉植物も、子どもと同じで成長する生き物です。

1年、2年と育てていれば、その分、根っこも葉っぱも増えていくのが当然。そうなれば、今まで使っていた鉢では、小さすぎてしまうことも。

対策としては、一回り大きな鉢に植え替えをしてあげるといいでしょう。

もしも、あまり植物を大きくしたくないという場合には、枝を剪定して、葉と根の量を調整します。

植え替えや枝切りのベストタイミングは、秋など植物の成長が少し緩やかになったタイミングです。参考にしてみてくださいね。
ものを言わない観葉植物も、子育てと同じで、手をかけてあげることで元気に育ってくれるもの。

お部屋で家族を癒す存在になってくれているからこそ、枯れることのないように、しっかり対策をしてあげましょう。

観葉植物 枯れる 対策

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる