【夫婦のお悩みQ&A】夫の浮気が発覚!離婚したくない場合どうする? 

子育て・ライフスタイル

今回の夫婦お悩み相談は、「夫の浮気について」です。
よくある夫婦関係のお悩みのひとつですが、子どもがいて離婚はしたくない……という方も多いのではないでしょうか。
今回は、二度と浮気をさせないようにし、夫婦関係を改善するための秘訣についてお伝えしていきます。

お悩み:「3年前からの夫の浮気が発覚……どうするべき?」

夫が、同じ女性と3年ほど不倫関係にあることが発覚しました。

子どももいるので夫とは離婚したくありませんが、関係を終わらせてほしいです。

3年間、その事実を知らずに過ごしてきたためショックも大きく、今はあまり夫と会話をしていません。

夫が二度と浮気をしないために、私が取るべき行動はありますか?

(30代・専業主婦)

夫の浮気が発覚!"二度と"浮気をさせないためには……?

知らない間にご主人が3年も前から浮気をしていたなんて、ショックで会話もしたくない……と思うのは、当然のことでしょう。

離婚は考えていないということですので、まずはご主人が「二度」と浮気をしないための行動を考えていきましょう。

考えを改めさせたいと、夫の浮気を責めたり、女性に対して慰謝料請求をすることで、関係をやめさせることはできるかもしれません。

しかし、この行動が「二度と」浮気をさせないことになるのかどうかは、不安ですね。

夫を責め、「二度としない」と言わせたにも関わらず、数か月後にこっそりヨリを戻してしまった。あるいは、数年後に再び別の相手と浮気を……というケースは、実際にあとを絶ちません。

夫の浮気が発覚!《長期的な幸せの存在》への気づきが解決の鍵

浮気をしたご主人がいけないという事実は、言うまでもありません。しかし、元々不誠実な人間だったのでしょうか。

なぜご主人が浮気に走ってしまったのか、少し考えてみましょう。

多くの人は、長期的な報酬と短期的な報酬のどちらを選ぶかで、日々葛藤しています。

例えば、3か月後までに3キロ痩せたいと思っているのに、目の前のスイーツの誘惑に勝てなかった……などというのは、よくあること。

浮気は、長期的な報酬である「家族の豊かな生活」を壊すことになりかねません。

しかし今回ご主人は、短期的な報酬である「異性からの誘惑」を選びました。さらに3年間も続けてきたわけですから、長期的な報酬と短期的な報酬の両方を満たそうとした、ということになります。

このことから、ご主人は離婚してまで相手の方に行く気はなかったことが分かります。つまり、一時的な楽しみのために浮気を始めたのでしょう。

しかし、終わらせるタイミングもなく、結果的に関係がズルズル続いてしまったと思われます。

もしまだ、ご主人に気付いていることを話していないのであれば、しっかりと浮気のことを指摘した方が良いでしょう。

指摘しない方が良いケースもありますが、長期的な報酬である「家族の豊かな生活」を手放したくないと考える相手には、しっかりと指摘する方が効果的です。

その上で、信じていたパートナーの浮気を知って、あなたががどれだけ苦しい思いをしているのかを冷静に伝えましょう。

ご主人に、自身の浮気によって妻が傷ついているということと、このままでは長期的な幸せがなくなるかもしれないと理解させる必要があります。

夫の浮気が発覚!離婚しない場合のポイントは別れた後の「夫婦関係の再構築」

実は、最大の問題は「相手と別れた後」にあります。

ご主人の浮気で傷ついた女性の多くは、その後、夫を信頼できなくなり、行動を強く束縛してしまいます。

飲み会で誰といるのか証拠を送らせたり、GPSで見張るなど、不安になって過去のことで夫を責めてしまうのです。

このような不安定な状態をくり返すと、ご主人はあなたといても幸せになれないと考え、距離をとったり、再び浮気に走るなどの行為に及びかねません。

非常に身勝手な行動ですが、実際、このようなケースはとても多いのです。

二度とご主人が浮気をしないようにするためには、「別れた後の夫婦関係の再構築」が最も大事なポイントとなります。

まず考えなければならないのは、ご主人が浮気をした原因です。

3年間という長い時間にも関わらず、ご主人の浮気に気づかなかったことから、あなた自身も夫への関心が下がっていたのではないでしょうか。

子育てや家事などで毎日忙しく過ごしていると、夫への関心は下がってしまいます。

長い期間、家族に気づかれず不倫を続けていたことから、ご主人は器用で仕事がデキるタイプの人だと考えられます。

このような男性は、自分に関心を持ってくれる存在を求めます。自分を認めて欲しいのです。

二度と浮気をさせないためには、"不倫できない"ではなく、"二度と不倫をしたくない"と本人に思わせる必要があります。

そのためには、妻自身が夫にとって"誰より自分に関心を持ってくれて、離したくない"存在にならなければなりません。

夫の浮気が発覚!今後も共に歩むことを選んだなら……

浮気をした相手が悪いのに、なぜ自分が頑張らなければならないの?と不満に思うかもしれません。

しかし、相手を責めたところで二人の関係が良くなることはないのです。

あなたには、これから先もご主人と共に歩んでいくのか、あるいは決別するのかを選択する自由があります。

子どもがいるから離婚できないというのは、自分自身の気持ちで選択したことにはなりません。子どものせいで離婚できないと言っているようなものです。

自分のせいでママが苦しむなんて、子どもは望んでいないでしょう。あなたの人生がどうなっても人のせいにはできないのです。

考えた末に、この先の人生も共に歩むという選択をするなら、少し前向きに行動できるはず。夫に少しづつでも関心を持つことができれば、相手もあなたの変化に気付くでしょう。

浮気をした自分を受け止め、そして自分に関心を持ってくれるあなたに深く感謝するようになり、大切にしたいと強く願うようになります。

あなたのがんばりで、家族がひとつになれるのです。このピンチを乗り越えて、世界一幸せな夫婦になりましょう!

夫婦関係の悩みで多い、「浮気」の相談についてお答えしました。
夫の浮気で悩んでいるという方、ぜひこのピンチを乗り越えて、幸せな夫婦になるチャンスに変えてみましょう!