ウタマロで落ちなかったら試したい!頑固な靴下汚れの落とし方4つ

毎日真っ黒になって帰ってくる、子供の靴下……。

あの靴下汚れをきれいに落とすためのアイテムとして有名なのが「ウタマロ石鹸」ですが、落としきれないことも!

頑固な靴下汚れの落とし方・テクニックを色々試してみましょう。

オススメ!靴下汚れ落としのテクニック
①男性用のスクラブ入り洗顔料で落とす

靴下汚れは、生地の繊維に入った泥や砂の粒子を取り去るのが汚れ落としの鉄則です。

そこでおすすめなのが、パパが使っている男性用のスクラブ洗顔料!

女性用よりも粒子が大きめなので、繊維の中に入った泥や砂をかき出せます。

スクラブ洗顔料を手にとって、靴下の汚れに乗せたら手でこすってみましょう♪

オススメ!靴下汚れ落としのテクニック
②オキシクリーンを使って

item.rakuten.co.jp

泥汚れと皮脂や汗などの汚れを同時に落としたい日には、オキシクリーンを使ってみましょう。

汚れの落とし方は、通常のオキシ漬けと同じ。

軽く手洗いで汚れを落とした後に、オキシクリーンを靴下の汚れに振りかけながら、お湯に溶かしましょう。

そのあとは、漬け置きをだいたい30分から1時間。オキシ漬けをしてからお湯でもみ洗いをした後に洗濯機で洗いましょう。

オススメ!靴下汚れ落としのテクニック
③オキシクリーンで落ちなかったら「重曹」をプラス

靴下の嫌な臭い落としにも使えるのが、オキシクリーンのような酸素系漂白剤と重曹をダブルで使う方法です。

漬けおき洗いを酸素系漂白剤でする際に、重曹も溶かして漬けおきしましょう。
この時、お湯は50℃ほどがベスト。

オキシクリーンを使っても汚れが思うように落ちないときには、重曹をプラスしてみましょう。

重曹は、雑菌の繁殖を抑えて汗などの酸性の臭いをアルカリ性で中和する効果があります。
臭いの原因が汗なら、弱アルカリ性粉末洗剤もおすすめです。

掃除にも使えるアイテムなので、家にストックしておくと便利ですね。

オススメ!靴下汚れ落としのテクニック
④固形石鹸をつかうならお湯がベスト

もちろん、家にある固形石鹸でも、洗い方のポイントをしっかりと抑えれば靴下汚れもしっかりと落とせます。

ポイントは、

・お湯を使う
・繊維の隙間に入り込んだ汚れをかき出すこと

お風呂と同じくらいの温度のお湯を汚れた靴下に漬けたら、固形石鹸をたっぷりと泡立てて使い古しの歯ブラシや洗濯用ブラシでこすってみましょう。

洗濯板ではなかなか繊維と繊維の間の汚れが取れにくいので、靴下汚れならブラシを使うのがおすすめです。
靴下汚れの原因は、泥や砂など以外にも、皮脂・汗などいろいろ!子供とパパとでは原因が違うこともあります。

しっかりと靴下汚れを落とすには、汚れの性質に合わせた落とし方を選ぶのがおすすめです。

家族が気持ちよく毎日を過ごせるように、靴下汚れを落とすテクニックをぜひマスターしておきましょう。

靴下汚れ 落とし方 テクニック オキシクリーン ウタマロ 漂白 洗濯

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Yui.O

毎日をちょっと楽しくするための妄想が止まらないフリーライターです。
家事や子育てを笑顔ででき…

>もっとみる