SNSメッセージはOK?NG?今どきの「暑中お見舞い」のマナー

夏のご挨拶状「暑中見舞い」。これが届くと、夏が来た!と感じる方も多いのではないでしょうか。

"暑中見舞いをいただいたら、お返事を出さなければ。"

"お世話になっている方には、やっぱり出すべきなのかしら?でも、いつ出せばいいの?何かマナーはあるのかしら?"

と疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、今さら聞けない「暑中見舞いのマナー」をご紹介します。

暑中見舞いのマナー① 暑中見舞いはいつ出すの?

暑中見舞いは、「梅雨明け~立秋までに到着するように」出しましょう。

梅雨明けの時期は、地域によって異なるので、相手の地域に合わせて出しても良いですね。

ちなみに最近は、SNSで「暑中お見舞い申し上げます」と投稿される方もいらっしゃいますが、これは、ご自身の地域が梅雨明けした時で良いでしょう。

他の地域の方が読む場合を気にされる方は、

「暑中お見舞い申し上げます
 関東は本日梅雨明けを迎えました」

などと、地域を記載してみてはいかがでしょうか。

ただし、居住地非公開の方はご注意ください。

暑中見舞いのマナー② やっぱり葉書でなくてはダメなの?

元々、季節の挨拶状は、葉書でのやりとりが基本です。

しかし近年では、メールやインターネットのメッセージカード、SNSメッセージなどでやり取りをされる方もいらっしゃるでしょう。

これらもNGではありません。しかし、相手によっての使い分けは重要です。

メールやインターネットメッセージカード、SNSメッセージは、葉書よりカジュアルに感じられることは否めません。

・しっかりご挨拶しておきたい方
・目上やご年配の方
・葉書でご挨拶を下さる方
・ビジネス上のやり取り

には、葉書で出したいですね。

やはり、葉書の方が準備にも手間がかかることから、思いが相手に伝わりやすいものです。

・日頃からメールやSNS主体の方
・若い方
・カジュアルな挨拶を好まれる方

には、メールやインターネットメッセージカード、SNSメッセージを送ってはいかがでしょうか?

ちなみに、メールとSNSの場合、SNSは最もカジュアルで私的なやりとりとなります。

暑中見舞いのマナー③ 目上の方には「暑中見舞い」ではなく……

目上の方へのご挨拶の場合、「暑中見舞い」ではなく、「暑中お伺い」という謙る表現を使いましょう。

なお、残暑見舞いなどの場合も同様に、「残暑お伺い」とします。

暑中見舞いのマナー④ 出しそびれてしまった……いつから残暑見舞い?

ついつい出しそびれる……ということもありますよね?

そんな時には、立秋~8月中は、「残暑見舞い」としてご挨拶を送ることができます。

遅くても8月いっぱいには届くように送ってくださいね。

暑中見舞いのマナー⑤ 準備は梅雨の間に!

暑中見舞いを出そうという方は、梅雨の間に準備をしておくのがベスト!

梅雨明けと同時に投函できると、真っ先にご挨拶が届いて、より相手に印象に残るご挨拶ができるでしょう。
SNSでの挨拶はOK?など、気になる「暑中お見舞い」のマナーについて、お届けしました。

ポイントを押さえて、お世話になっている方や、ご無沙汰している方へ、今年は夏のご挨拶を送ってみてはいかがでしょうか?

暑中見舞い マナー SNS

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

松原奈緒美/EXSIA 代表 コミュニケーション・マナー講師 

マナー知識と視覚・聴覚に訴える表現技術で、企業・学校研修講師、各種イベント講演などで活躍。

>もっとみる