【特別企画】これが働くママのリアルな姿!④ 〜仕事とは?子育てとは?〜

子育て・ライフスタイル

育児・家事・仕事と忙しい毎日を送る4yuuu!世代。
みなさんはどのように向き合っていますか?

今回4名のキュレーターの方々にお集まりいただき、育児と仕事についての悩みや考えを共有していただきました。
そこには、働くママのリアルな姿が・・・!

笑いあり、涙あり、思わず「なるほどー!」と納得してしまうエピソードありの座談会風景を全4回でお届けしています。
第4回の今回は、みなさんにとって「仕事とはなにか?」「子育てとはなにか?」をお伺いします。

4yuuu! 公式
4yuuu! 公式
2015.08.22

仕事も子育ても、大人になった自分を成長させてくれる”育自”

4:「さて、最後の質問です。
丸山さんにとって仕事とは?子育てとは?」

丸:「私にとって子育てが”生きがい”だとしたら、仕事は”人生を豊かにしてくれるもの”です。
どちらも、大人になった自分を成長させてくれる”育自”ではないかなぁ・・・と思っています。」

4:「”育児”は”育自”とよく表現されますが、確かに仕事も自分を成長させてくれるという意味で”育自”かもしれないですね。
丸山さんにとって”仕事”と”育児”は近い位置にあるのかなー?という印象を受けるのですが・・・」

丸:「まさにそうです。
子育てと仕事の両立は現代女性やワーキングマザーの永遠のテーマですよね。
どちらも欠かせませんしどちらも妥協したくありません!
時間的制約がある中なかなか難しいですが・・・。
”両立”と聞くと対極的なイメージにある子育てと仕事ですが、私は仕事も子育てのうちだと思ってお仕事させていただいています。」

4:「”仕事も子育てのうち”とは?」

丸:「はい、”自分が産んだ子供を食べさせていく為に働く”という事は子育ての一環でもあると信じています。
仕事で疲れたら子供に癒されて、子育てに疲れたら仕事に癒されて、、という様に、自分の中のバランスをうまく保っているといった感じでしょうか。」


”仕事”と”子育て”のバランスを取りながら自分を成長させていき、ひいては自分の人生を充実させている丸山さん。

”仕事”か”子育て”かどちらかを選択するのではなく、両方を楽しみながらこなしていくこと・・・
それは、男性に比べてバランス感覚が優れた女性ならではの形なのかもしれません。

仕事は”人生そのもの”、子育ては”新たなステージ”

4:「m.watanabeさんにとって仕事とは?」

m:「私にとって、仕事とは”人生において、自分を表現できる場所”であり”やりがいを見つけられる場所”です。

大変なことや嫌なことも全部ひっくるめて、経験してきた仕事があるからこその今だと思っています。
私から仕事を切ることはできません!」

4:「仕事がm.watanabeさんにとって生きざまであり、人生そのものなんですね。
では、”子育て”とはなんですか?」

m:「私にとって子育てとは、”新たなステージであり、ワクワクできる世界”です!

人間を育てるということの責任はあるけれど、子どもを産んだことでしか分からない、得られないことがたくさんあるなと感じています。
仕事と同様、大変なことがあっても、唯一無二で私を必要としてくれる存在(娘)がいることが、私自身にとっても自信につながってくる気がします。」


”仕事”と”子育て”を別の世界と考えて、どちらにおいても経験を積み上げながら自信に変えていくm.watanabeさん。

別の世界と言えども、大変なことを乗り越えながら深めていくという意味では、”仕事”に対しても も”子育て”に対しても、向き合う姿勢は一緒なのかもしれません。

仕事とは”外との繋がり”、子育てとは”内向きの愛情”

4:「秋間さんにとって、仕事とは?子育てとは?」

秋:「私にとって、仕事とは生活する上で欠かせないツールであり趣味であり、人との繋がり・出会いのある大切なものです。
そして、子育てとは愛を育み自分自身も豊かにしてくれる、人生において欠かせないものです。」


仕事をする上で仕事内容ももちろん重要ですが、人との繋がりを感じられたり新しい出会いがあることも魅力の1つですよね!社会との繋がりは、ママであっても感じていたいものです。

秋間さんにとって”外との繋がり”を築くのが仕事であり、”内向きの愛情”を注ぐのが子育てということ。
ママにとっては、”外”に対するエネルギーも”内”に対するエネルギーも、どちらも欠かせない活力になるのです!

仕事とは”夢を叶えること”、子育てとは”自分育て”

4:「新山さんにとって、仕事とはなんですか?」

新:「私にとって仕事は”夢を叶えること”です。
以前、企業に勤めていた時は”生活のため”でしたが、主人の協力もあり、好きなこと、興味のあることを仕事としてできるようになりました。
今は文章を書くという学生の頃からの夢を、少しずつ実現させているところです。
パン教室や整理収納の自宅サロンは、これから叶えたい夢です。」

4:「叶えたい夢がたくさんあって、これから実現させていくのが楽しみですね!
では、新山さんにとって子育てとはなんですか?」

新:「子育てとは”自分育て”だと思っています。
子育てをすることで、辛抱強くなりました。
お料理をはじめ、家事スキルも高まったり、自分も成長し、育っていると感じています。」


旦那様の同意を得ることができれば、生活のためだけでなく”夢を叶える”ために働くことができるのは、主婦やママならでは。
仕事をすることが家計を支えるだけでなく、ママの活力になるのなら一石二鳥です!

また、子育てをすることで大人になった今でも”成長”できるのって、考えてみるととても貴重な経験ですよね。
改めて自分を育ててくれている子供に感謝!

いかがでしたか?
それぞれ仕事や子育てについての考えをお持ちでしたが、みなさんに共通しているのはどちらも”人生を豊かにしてくれる欠かせないもの”だということ。

4回を通して「仕事と子育ての両立」についてお話を伺ってきましたが、ママの数だけストーリーがあるんだなーとしみじみ感じました。

大切なのは、どのように働きどのように子育てをしたら家族や自分が豊かに過ごせるか?
ママの笑顔は、家族の笑顔に繋がります。
自分らしく、笑顔で、時には誰かに頼りながら、悩みながら、仕事や子育てに向き合っていきましょう♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。