「香り」が効果的!?親子の上手なコミュニケーション術って?

提供:花王 子育て・ライフスタイル

毎日の親子のコミュニケーションは、絆や信頼関係を深めるためにもとっても大切なこと。
幼少期の過ごし方が将来の親子関係を決めてしまうとも言われていますが、4yuuu!読者ママは子供とどのようにコミュニケーションをとっているのでしょうか?座談会でざっくばらんに語っていただきました。

さらに、いま注目の「香り」「読み聞かせ」を通してのコミュニケーション体験をしていただき、子供との上手なコミュニケーションの取り方を考えてもらいました。

子供とのコミュニケーション時間、ちゃんととれてる?

現代の多くのママさんが、共働きでなかなか子供とのコミュニケーションをとる時間がなかったり、やることいっぱいでスマホ子守に頼っていたり、いざ会話をしてもなかなか続かない……など親子のコミュニケーションに悩んでいるそう。

今回集まっていただいた人気ママインスタグラマーの土屋香織さん、笹口直子さん、筧沙奈恵さん、大谷朋子さん4名も積極的にお子さんとコミュニケーションをとろうとしているそうですが……

左から:土屋香織さん、笹口直子さん、筧沙奈恵さん、大谷朋子さん

笹口「朝起きて学校に行くまで、学校や習い事から帰ってきて夕飯から寝る前での計4時間ほどが子供と一緒に過ごせる時間ですが、毎日あっという間に感じますね。」

大谷「うちは幼稚園後に、公園で遊びながらお話するのですが、幼稚園で何してたの?誰と遊んだの?と聞いても、“知らないっ!” “わからないっ!”で答えられることが多いんです。隠しているわけではないんでしょうけど、会話にならないというか……。」

笹口「わかる!うちの子もそのタイプ。その日の出来事を話すタイプと話さないタイプに分かれるよね。」

土屋「本当に子供によって違いますよね。うちの子は比較的いろんなことを教えてくれるので、よくママ友からいまの状況を教えて!と言われます(笑)」

「香り」「読み聞かせ」に注目!

最近、親子のコミュニケーションに良い影響を与える手段として「香り」と「絵本の読み聞かせ」が注目されているそう。

脳研究のエキスパート 杏林大学 名誉教授の古賀良彦先生の実験によると、「フローラルの香り」はコミュニケーションをつかさどる部位の一つである「前頭前野」を活性化するそうです。

また、絵本の読み聞かせを日本全国に広める活動を進めている『JAPAN絵本よみきかせ協会』によると、「読み聞かせをするだけで、“幸せホルモン”と呼ばれる『オキシトシン』の分泌を促し、仮に5分の絵本の読み聞かせをするとアロマテラピーと同じ効果もある。」とのこと。

今回集まっていただいたみなさんもその効果を実感されているそうです。

土屋「私自身アロマが好きでアロマにまつわる資格も持っていて、子供がグズグズしている時は心が落ち着く香りにするなど、シーンによって香りを変えているんです。最近は、“この匂いってあの匂いに似てるよね?”という話題から親子間の会話がスタートすることも多いですね。」

笹口「寝かしつける時は寝室にアロマを焚いて、穏やかめの絵本を読んであげますね。子供って匂いに敏感な気がします。スーパーの洗剤コーナーに行くと、自ら全部チェックして“これがいい!”って言ってくるんですよ(笑)」

大谷「確かに!私も洗濯の香りに気を配っているのですが、いい香りの洗剤で洗濯すると、うちの子も“タオルいい香りだね!”って言ってきますね。」

「私は眠る前にほぼ毎日、必ず子供に絵本を読み聞かせするようにしています。読み聞かせをしていると“そんな言葉を知ってるんだ!?”という気づきがあったり、街を歩いていると『これ本で見たことある!』と教えてくれたりして、会話が弾みますね。」

大谷「うちの子は絵本を読むのが好きじゃなさそうなんだけど、手や体を動かしながら読む本や、なにか仕掛けがある本だったら飽きずに読めるんです。」

土屋「うちの子は言葉のリズムが心地よい絵本が好きで、読んであげると嬉しそうなのが印象的!」

みなさん忙しい中でも、コミュニケーションのツールとして「香り」に気を配り、「絵本の読み聞かせ」を愛情を伝える時間として大事にしていることがわかりました。

香りが飛び出す「おはなえほん」を体験!

なんと!「香り」と「絵本の読み聞かせ」が親子に与える影響に着目した絵本が登場。

液体洗剤(非濃縮)の中で1番多く好きな香りに選ばれた(※)花王のフレグランスニュービーズが、“親子の時間を香りでもっと楽しんでほしい”という思いをこめて「おはなえほん」が誕生したのです。

「おはなえほん」には、絵本作家のたちもと みちこさんによるオリジナルのストーリーに合わせて、絵本に設置しているボタンを押すと、その場面にぴったりなフローラルなどの4種類の香りが噴霧される仕掛けが施されているんです。

実際に体験してもらいました!

全員「えーーーっ!すごーーーい!」

笹口「“ボタンを押すと香りが出る”という仕掛け、すごくいいですね!子供が喜びます!」

大谷「これなら絵本が苦手なうちの子も楽しめそう!」

さっそく筧さんのお子さんは、おはなえほんに夢中。可愛い絵だけでなく、ボタンを押すと香りが噴射されるのがとても楽しいようです。

「次はどんな香りがするかな〜。」「ママ、この香りな〜んだ?」と、親子で会話が弾みながら絵本を読み進めていきます。

「とても良い香りで、ママまで幸せな気持ちになれますね。」

笹口「絵も可愛いし、素敵な香りがするので、常に寝室に置いておきたいです。」

土屋「香りにはすごくこだわっているので、この絵本は嬉しいですね。視覚にも嗅覚にも訴えることができるので、子供に良い影響を与えてくれそう!」

おはなえほんは、子供と一緒に過ごせる貴重な時間の中で有意義なコミュニケーションツールとなってくれそうです。

「おはなえほん」がもらえるキャンペーン実施中!

今回人気ママインスタグラマーとお子さんが体験した「おはなえほん」は、11月上旬より大阪府立中央図書館、森の図書室(東京)など全国の図書館で貸出がスタート。

いまなら抽選で総勢300名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施中!
お子さんとのコミュニケーションに悩んでいるママさんは、ぜひチェックしてみてください!

【キャンペーン応募方法について】
下記リンクより特設サイトにアクセスし、応募フォームから必要事項を記入して応募していただくと、「おはなえほん」とフレグランスニュービーズの試供品のセットが抽選で300名様に当たります。

応募はこちらから

フレグランスニュービーズで香りをもっと楽しもう!

おはなえほんに採用されている香りの一つは、衣類用洗剤「フレグランスニュービーズ」の香り。

親子で香りを楽しめるシーンは、他にもさまざま。

フレグランスニュービーズでお洗濯すれば、お子さんを抱っこした時や、お風呂上がりにタオルで体を拭いてあげるときにも、やさしいフローラルの香りがふわっと広がり、親子の会話がもっと弾むかもしれません。

ぜひ使用してみてくださいね♪

フレグランスニュービーズ 公式サイト

※都内在住 液体洗剤ユーザー※対象商品:非濃縮液体洗剤の金額シェア9割(16年3月~17年2月計)を構成する合計7アイテム内
調査時期:2017年3月 調査方法:それぞれの洗剤で洗って乾かしたタオルを嗅いで「好きな香り(1つのみ選択)」を会場調査にて聴取