小学生の子供が「学校に行きたくない」と言ったら……どう対処すべき?

小学生の子供が「学校に行きたくない」と言ったら……どう対処すべき?

小学生になり、学校生活が始まると、学校の人間関係などが原因で「学校に行きたくない」と言い出すことがあるのだそう。
そんな時、親としてはどう振る舞い、どう子どもに寄り添ってあげればいいのでしょうか?

目次

小学生の「学校へ行きたくない!」への対処法①低学年には「安心感」や「自信」を与える

小学校低学年の子どもが「学校へ行きたくない」という原因は様々ですが、環境の変化が原因となっていることもしばしば。

小学校では、保育園や幼稚園と違って、自分でしなくてはいけないことが増えてきます。

・給食の時間内にご飯が食べきれない

・登下校の時間が憂鬱

・お友達と馴染めない

そんな理由があるなら、「大丈夫だよ」と安心感を与えてあげることが大切です。

"ママも小学校でこんなことがあったんだよ"などと、自分自身の失敗談を話してあげてもいいかもしれませんね。

小学生の「学校へ行きたくない!」への対処法②高学年には「相談しやすい環境作り」

いじめやお友達、先生とのトラブルなど、人間関係の問題が増えてくる小学校高学年。

ただ「学校へ行きたくない」と言うだけで、自分が置かれている状況を、親に相談しづらいと1人で溜め込んでしまう小学生も少なくありません。

対策としては、日頃からなんでも相談できる親子関係を築いておけば大丈夫。

また、「あなたはいい子だから」などと過剰に期待を寄せてしまうと、子ども自身が、親に失敗や弱いところを見せられないと感じ、良い子を演じてしまうことがあります。

そうならないためにも、プレッシャーを与えないように、日頃から気をつけておきましょう。

小学生の「学校へ行きたくない!」への対処法③責めるのは絶対にNG!

小学生の子どもが「学校に行きたくない!」と言い出しても、むやみやたらに責めたり、「行かなきゃダメでしょ!」と一方的に叱るのはNG。

悩みを抱えているのに、上から抑え込もうとしてしまえば、子どもはますます自分の殻に閉じこもってしまいます。

無理やり学校に行かせようとするのでは、根本的な解決にはなりません。

子どもの話を良く聞いてあげましょう。

小学生の「学校へ行きたくない!」への対処法④焦らずに対処すること

小学生の子どもが「学校に行きたくない」と言い出すのは、悩みを抱えている大きなサインです。

「このまま不登校になってしまうかも……」と心配になってしまいますよね。

休み癖がつかないようにと、無理やり学校へ行かせて、自分らしさを押し殺す子どもになってしまうよりは、子どもが自分らしく人生を歩めるようサポートするのが親の役目。

世界には、家庭学習を選んで成功している子どももたくさんいます。

逆に、学校という画一的な枠組みに当てはまらない器の子、自分を貫く強さのある子なのかもしれません。

まずは、子どもの良いところ探しをして、学校が絶対ではないと気楽に構えるのが肝心です。
小学生の子どもが「学校に行きたくない!」と言った場合、親としてはまず、慌てずに、どーんとその気持ちを受け止めてあげましょう。
安心感を与えながら、「いつも味方だよ」という姿勢を伝えることが大切です。
子育てには、これが正解という決まった答えはありません。
子どもの個性と心を守る対処法を見つけられると良いですね。

【関連記事】子どものやる気がアップする!実践しやすい「勇気づけ」の声掛け4つ

寒い時期は、子どももやる気をなくしたり、動くのが億劫になりがち。子どもの気持ちもわかり...

小学生 学校 行きたくない

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる