続けやすいからどんどん貯まる!「先取り貯蓄」で誰でも貯金上手♪

子育て・ライフスタイル

みなさんは、どのような方法で"貯蓄"をしていますか?

お金を貯める方法では、「2万円は貯めたい!」と毎月定額を貯める方法や、生活費の余った金額を貯める方法、500円玉貯金など、色々なものがあります。

その中でも今回は、貯金の基本になる「先取り貯蓄」をご紹介します。

"お金が貯まる"!簡単なコツって?

お金が貯まるコツは「貯める目的を持つこと」です。

「将来必要になりそうだから」となんとなく貯めている人よりも、目的を持って貯める人のほうが、成果があがりやすくなります。

まずは、お金を貯める理由を少し考えてみましょう。

例えば、

「子どもにできるだけ多くの習い事をさせてあげたい」
「住宅ローンの繰り上げ返済」
「海外旅行に行きたい」

など、色々な目的がありますよね。

目的ができれば、「いつまでに」「いくら」貯めればいいかという計画も、立てやすくなります。

とは言え、お金を貯める目的は1つではないはず。お金を色分けすることによって、それぞれの目的に合った貯め方ができます。

確実に貯金するには、これからご紹介する「先取り貯蓄」が効果的ですよ。

お金を貯める「先取り貯蓄」とは?

「お給料の中から生活費を支払い、余った分を貯蓄しよう」

そう考えていたけれど、今月も思うように貯金ができなかった……という経験はありませんか?

そうならないためにも、貯金の基本として活用したい方法に「先取り貯蓄」があります。

先取り貯蓄とは、お給料が入ったら先に貯蓄をして、残った分を生活費やお小遣いにあてるという方法です。

例えば、手取25万円から先取りで2万円を貯蓄して、残った23万円でやりくりします。

生活費などを使った後に残ったお金を貯蓄に回すという流れでは、なかなかお金は貯まりません。

先に貯蓄をすることによって、計画的に貯められるだけではなく、残りのお金は全部使ってしまっても大丈夫!と考えることができて、お金を使う罪悪感も少なくなります。

目的以外では、なるべくお金をおろさないことを意識して、最初は無理のない金額から始めてみましょう。

「先取り貯蓄」はどんな口座で貯めるのがベスト?

先取り貯蓄には、決まった日に決まった金額を振り分けてくれる「自動積立定期預金」が便利です。

安全性と流動性が高い「自動積立定期預金」は、お金を貯めるときに活用する代表選手。勤め先に財形貯蓄がある会社は、こちらも活用してくださいね。

それでは、自動積立定期預金のメリットとデメリットを見てみましょう。

■自動積立定期預金のメリット

預けている銀行が潰れない限り、お金が守られます。

また、万が一銀行が破綻しても、1銀行につき1,000万円まではペイオフの対象となり、お金が保護されます。

いつでも解約できるという、流動性の高さもポイントです。

銀行が営業している月曜日から金曜日、あるいはネットバンキングを活用して、自宅でも解約できる銀行もあります。

■自動積立定期預金のデメリット

基本的には、名義人以外の人は解約ができません。

銀行によって対応が異なるので、あらかじめ本人以外が引き出す場合に、どうすればいいのかを確認しておきましょう。

0.01%と低金利のため、預けても増えることは期待できません。(2017年2月現在、メガバンクの金利)

■お給料が入る口座の銀行で作るのがオススメ!

お給料が入る銀行とは違う銀行で口座を作ってしまうと、「自動で振り替えてくれる」メリットがなくなってしまいます。

一部のネット銀行では、他の銀行から入金できるサービスもあります。

手間にならず、簡単に続けられる仕組みを作ることが、貯金を続けるコツですよ!

いかがでしたか?

貯金の方法はたくさんありますが、「先取り貯金」を活用して、無理せずお金を貯めること、そして続ける仕組み作りをしてみてくださいね♪