春の色と香りが食卓に♡おうちで楽しむ《春のおもてなしレシピ》3つ

グルメ・レシピ

スーパーに買い物に行くと、野菜売り場に並ぶ季節野菜の移り変わりに春を感じる今日この頃。

豆類や山菜、きのこなど、この時期ならではの食材をたくさん味わいたいですね。

今回は、そんな春の食材を使ったおもてなしレシピを、簡単なものから本格的なものまでご紹介します。

ぜひ、おうち和食料理店気分で楽しんでみてください♡

【春のおもてなしレシピ①】手まり椀

まずは、やわらか鶏のお団子をかぼちゃの餅生地で包んで蒸した、手まり椀の本格派レシピをご紹介します。

手の込んだおもてなし料理で、家族も感激するはず!

《材料(4人分)》
かぶ      正味200g
鶏ミンチ    100g
塩       小さじ1/4
ゆずの皮
生姜汁、片栗粉 少々

白玉      50g+水40ml
かぼちゃ    正味80g

だし汁     300ml
濃口醤油    小さじ2
薄口醤油    小さじ1
酒       小さじ1

片栗粉     大さじ2/3+水大さじ1
三つ葉

《作り方》
1. かぶは皮をむいて粗くおろし、目の細かいザルに入れ湯をかけて、水気をしっかりと絞っておく。

2. 鶏ミンチに塩、生姜汁、柚子の皮のみじん切り、1を混ぜて4等分にする。

3. 白玉粉と水をポロポロ程度に混ぜる。かぼちゃのマッシュを作り(レンジで可)、白玉粉の生地に混ぜて、黄色い白玉生地にする。

4. 4等分にして丸め、ラップで挟みめん棒で伸ばす。ラップをとり、2の種を包み、耐熱の器にのせる。(黄色の白玉生地は下まで閉じてなくてもOK)

蒸し器を使って、中火で13分蒸す。

5. だし汁を温めて調味し、水溶き片栗粉でとろみをつけ、4にかける。三つ葉を添えて完成。

【春のおもてなしレシピ②】簡単!あざやか豆ごはん

続いてご紹介するのは、簡単に作れる豆ごはん。

豆を硬めにレンジで加熱して鮮やかにしておくことで、豆の風味と色が際立つ仕上がりに♪

《材料(4人分)》
米      2合
グリンピース 正味100g
水      440ml(米の体積の約1.2倍)
塩      小さじ1/2
酒      小さじ1

酒      小さじ1
塩      小さじ1/2

《作り方》
1. 米は洗ってザルに上げ、30分おく。

2. 耐熱容器にグリンピース、豆のかさの2倍の水、塩小さじ1/2、酒小さじ1を入れて500Wレンジで2分半かけ、そのまま蓋を開けずに冷ましておく。

使用する時にザルで豆と分け、汁はごはんを炊く時に使う。

3.米、水(2の水に水を足して440ml)、酒小さじ1、塩小さじ1/2を入れて炊く。

4.炊き上がったら、5分蒸らしてから2の豆を混ぜる。

【春のおもてなしレシピ③】春のさくら水ようかん

この季節にぜひ味わいたい、上品な和菓子です。

アガーは常温で固まり、ゼリーのような滑らかな仕上がりになります。ジュースを固めれば柔らかゼリー、あんこと水に溶かせば、和菓子屋さんの水ようかんのような本格的な食感に。

アガーを使う時のポイントは、あらかじめアガーと砂糖をよく混ぜておいてから煮溶かすこと。

子供も大好きな食感なので、和菓子が苦手なお子さんも、きっと美味しく食べてくれますよ。

桜あんは、インターネットでも購入できます。こしあんのみで仕上げ、桜の花の塩漬けを飾ってもシンプルで素敵です。

《材料(4人分)》
桜あん  200g
水    200g

アガー  8g
砂糖   8g

《作り方》
1. アガー、砂糖を混ぜ合わせておく。

2. 桜あんと水を鍋で煮とかしておく。

3. 1を加えて、一度煮溶かして容器に入れ、粗熱をとり冷やす。切り分ける。

春の旬な食材を使った、おすすめのおもてなしレシピ3品をご紹介しました。

少しの工夫で、おうちが素晴らしいおもてなしの場に変身します。

菜の花や桜を飾って、食卓をお花見仕様にセッティングしても、さらに春気分を味わえそうですね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。