子どもに早起きの習慣をつけるコツ4つ♡“イヤイヤ”の朝が変わる!

子育て・ライフスタイル

決まった時間に起きてほしいからと、朝に無理やり起こすと始まる子どもの「イヤイヤ」。育児中のママなら経験する、"子育てあるある"ですよね。
早起き習慣を身につけてもらいたいママ、必見!
朝起きるのが楽しくなるちょっとしたコツをご紹介します。

子どもに早起きの習慣をつけるコツ① 「朝起きる時間を決める」

園生活がスタートするまでの期間は、前日の生活ペースに合わせて、翌朝の起床時間が左右される……ということも少なくありません。

しかし新生活がスタートしたら、毎日通園時間は同じなので、そうも言っていられなくなりますよね。

新生活に向けて少しずつチャレンジしておきたいのが、「起きる時間を決める」こと。

前日のスケジュールに関係なく、毎朝6時に起こす。そう決めて実践すると、子どもの体は徐々に慣れていきます。

子どもに早起きの習慣をつけるコツ② 「カーテンを開けて朝日を取り込む」

毎朝、同じ時間に子どもを起こせるか心配……というママは、子どもを起こす時間の少し前くらいから部屋のカーテンを開けて、朝日を取り込む工夫をしてみましょう。

人間の体は本来、朝日を浴びて目覚めるようにインプットされています。

朝日が注いでいる寝室なら、子どもだけではなく、大人も気持ちよく目覚められますよ。

子どもに早起きの習慣をつけるコツ③ 「朝食には好物を用意する」

もう一つオススメしたいのが、「朝食に子どもの好物を出す」というテクニックです。

前の晩、寝る際に「明日の朝ご飯は、りんご(子どもの好物)を食べようか!」と約束をし、起きる楽しみを作っておきます。

そして朝起こす際には、「昨日お約束していたりんご、切っておいたよ!」と好物の名前を出して誘導すると、明るい気持ちで目覚めてくれますよ♡

子どもに早起きの習慣をつけるコツ④ 「好きな音楽を流す」

食べ物以外にも、音楽を使って早起きにチャレンジする方法もオススメです。

起こしたい時間の前後で子どもの好きな音楽をかけ、楽しい気持ちにさせてあげましょう。

これは、起きる際にぐずりがちな子どもにもオススメしたいテクニックです。

朝から好きな音楽を聴くことで、スムーズに起きられるだけではなく、一日の始まりを楽しい気持ちで過ごすことができますよ。

ちょっとした工夫で、気持ち良く早起き習慣を身につけられるようになります♡
子どもの新生活のスタートをスムーズにするために、これらのテクニックをぜひ役立ててみてくださいね。