「仕事と育児…このままで良いの?」ワークライフバランスの悩みを解決!

子育て・ライフスタイル

この春から生活リズムが変わった方も、数ヶ月が過ぎ、だいぶペースが掴めてきたのではないでしょうか。
でも、仕事と育児のバランスについての悩みは、尽きませんよね?
ワークライフバランスについて、「このままで良いの?」と悩んだ時に試していただきたいことをご紹介します。

「仕事と育児」のワークライフバランスのお悩み解決法① 優先順位を決めよう

仕事と育児をこなす中でワークライフバランスに悩んだ時は、自分が何に一番ストレスを感じるのか、分析してみましょう。

子どもと過ごす時間が短いからストレスなのか、それとも、昇進を阻まれることがストレスなのか……など、自己分析をしていくと、人生で重きを置いていることが見えてきます。

時間は平等に与えられていて、限りがあるので、あれもこれも……は難しいですよね。

子どもがいると、思うように物ごとが進められなくて焦ることもありますが、優先順位を決めて進めていくと良いでしょう。

「仕事と育児」のワークライフバランスのお悩み解決法② 自分の気持ちを大切にする

一生懸命に子育てをしているときは気がつかないものですが、育児は人生の一部です。

育児に夢中になりすぎていると、自分が見えなくなることもありますよね。

そのようなときこそ、自分の気持ちを優先しましょう。

育児をしていると、自分の感情を封じ込めがちですが、素直な気持ちと向き合いたいですね。

周囲の目や意見は、ほどほどに聞き流しても良いのだと考えてみませんか?

「何のために働いているの?」「そんなに長い時間預けて、かわいそうじゃない?」などという親の意見も、重く受け止める必要はないのです。

「仕事と育児」のワークライフバランスのお悩み解決法③ 完璧にこなそうとしない

デキるワーキングマザーこそ、完璧を求めて、あれもこれも……とこなしてしまいがち。

「仕事と家事、育児をどれだけこなしても、全部が中途半端!」と思い込み、落ち込む方も多いのではないでしょうか。

「育児がうまくいかないから、仕事の時間をもっと減らそうかな」

「フルタイムだと家事の時間が足りない」

などと悩んだときには、完璧にこなそうとする気持ちを捨ててみましょう!

真面目な方ほど、「もっと上を目指さなければ」という意識が強いので、一向に自分を褒められないという習性があります。

「よくがんばったね!」と自分を褒めてあげるだけで、意識は変わります。

自分が理想とする70パーセントのパフォーマンスだったとしても、「社会に貢献している」「部屋はそこそこ綺麗」「子どもも幸せそう」とプラスに考えれば、気持ちが楽になりますよ♪

「仕事と育児」のワークライフバランスのお悩み解決法④ 長期スパンで考える

仕事と育児のワークライフバランスに悩んだら、長いスパンで考えましょう。

無理をしてがんばっても、途中で倒れこんでしまっては意味がありませんよね。

疲れてしまったときは、息抜きをして休みましょう。

ワーキングマザーは、自分の時間がなかなか持てないですが、意識して休もうとするだけでも、リフレッシュにつながりますよ。

休むことも、大事な仕事です。

適度に休みながら、今の自分にとって大切なものは何かを考え続けましょう♡

ワークライフバランスについて悩んだ時に、試してみていただきたいことをご紹介しました。
働き方や育児について、「このままで良いの?」と考え込みそうになったら、ぜひ参考にしてみてくださいね♪