暖房器具の電気代を節約するコツとは?ちょっとの工夫で全然違う!

暖房器具の電気代を節約するコツとは?ちょっとの工夫で全然違う!

だんだん寒くなってきて、暖房が必須な季節になってきましたね。
気になるのが暖房にかかる電気代……。実は、小さな無駄をなくすことで簡単に節約することができます。
そこで今回は、すぐにできるちょっとした節約術をご紹介します♡
どれも小さなことではありますが、"塵も積もれば山となる"という言葉の通り、積み重ねることで大きな節約につなげることができますよ。

暖房器具の電気代をおさえる!カンタン節約術
①カーテンを上手く使う

冷気は窓からやってきますので、部屋を暖めるにはカーテンの使い方がかなり重要!

しかし日中は日差しがあるため、カーテンを開けて日を取り込めば、暖房なしでも暖かく過ごすことができます。
そして日が落ちてきたら、カーテンを閉めて冷気をシャットアウトしましょう。

こうすることで日中の熱を逃さず、部屋に閉じ込めることができます。
暖かさが残っていれば、エアコンの設定温度を低くしても快適に過ごすことができますね。

また、厚手の生地で断熱効果のあるカーテンを使うと、さらに効果がアップしますよ。

暖房器具の電気代をおさえる!カンタン節約術
②あったかアイテムを活用する

湯たんぽや毛糸のパンツなどのあったかアイテムを活用し、その上にブランケットをかけることでこたつ代わりにも。足先があたたまれば体もポカポカに♪

また、寝る少し前に湯たんぽを用意して布団の中へ入れておくと、寝る頃には布団が温まっているので、エアコンで部屋を暖めておいたり、電気毛布を使う必要がなくなります。

パジャマの下に毛糸のパンツや腹巻などをするのも効果的ですよ。

暖房器具の電気代をおさえる!カンタン節約術
③体の中から温めよう♡

冷え込む日には、暖房の設定温度を高くして体感温度を上げるのではなく、熱い紅茶や生姜湯を飲んで、体の中からあたためましょう。

紅茶にラム酒やリキュールなどを数滴垂らすと、より体の中がポカポカと温まるので、オススメです♪

また、白湯を飲むことを習慣にすると、根本的な冷え性改善にも役立ちます。さらに、軽い運動やストレッチをすれば血流が良くなり、体の中から温まりますよ。

暖房器具の電気代をおさえる!カンタン節約術
④湿度を上げる

湿度が15%上がると体感温度が約1℃アップする、と言われているので、部屋の湿度は下げないことが大切です。

エアコンをつけると、室内がどうしても乾燥してしまいます。
乾燥した室内には加湿器を使うのが手っ取り早いのですが、電気代を節約するためには、観葉植物を置いたり、洗濯物を部屋干しにしたりするのも効果的です!

このように、身近にあるものを利用して、室内の湿度をアップさせましょう。
いかがでしたか?
自然の力を借りたり、小物などを使うなどして工夫をすることで、暖房器具の電気代を簡単に節約することができます。
塵も積もれば山となるので、日々の習慣にしていきましょう!

【関連記事】1ヶ月で3,000円も電気代が節約できる?「暖房」はこう使う!

ただでさえ、冬場は高くなる電気代。近年、電力会社の料金が値上がりしていることも相まって...

電気代 節約

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

芽衣

2014年に結婚。
兼業主婦。有楽町・丸の内界隈でOLをしています。
女子会・料理・大人可愛い…

>もっとみる