カビの生えない保管の仕方って?冬に履いた《ブーツのお手入れ》方法

子育て・ライフスタイル

ブーツの保管方法を間違えて、カビが生えてしまった……。そんな経験はありませんか?
次のシーズンにもきれいな状態で履きたいのであれば、シーズン終わりのお手入れは必須ですよ♪

▶︎来シーズンのためにブーツのお手入れをしよう♪

次のシーズンにまた履きたいのであれば、保管する前のブーツのお手入れは必須!

本革、スエード、ムートンなど、素材別のお手入れ法があります。

きちんとしないまま保管をすると、カビが生えたり、型崩れをしてしまったりします。

まずはブーツを日陰で干して、湿気を取りましょう。

外で干せない場合は、ストーブの上など、部屋のあたたかいところに置くと良いでしょう。その後に手入れをし、保管するという流れです。

それでは素材別に、簡単なお手入れ方法をご紹介します。

カビの生えない保管の仕方①本革ブーツのお手入れ方法

本革のブーツは、まず柔らかいクロスや布でカラ拭きをして、クリーニングします。

次に、埃や汚れをブラッシングして落とします。

ブラシは、できるだけ天然素材のものを使い、靴底や隙間の汚れも落とすと良いでしょう。

最後に、汚れ落とし用のオイルやクリームを塗り、布で磨き上げます。

革製品は、乾燥すると素材の持ち味がなくなるため、しっかり油分を補給するのがポイント。最後に、防水スプレーを吹き付けたら完了です♪

ツヤ革専用の泡状汚れ落としツヤ出しクリーム レザークリーン1200

¥1,296

販売サイトをチェック

カビの生えない保管の仕方②スエード素材ブーツのお手入れ方法

スエード素材のブーツは、毛足を逆立てるようにブラッシングし、ホコリを払うのがポイント。毛並みを揃えておきましょう。

色褪せが気になる部分には、スエード用の補色スプレーを吹き付け、色を足しておきます。

補色スプレーは、ネットショップやホームセンター、シューケア用品を取り扱うお店で1,000円前後で購入できますよ。

表面に汚れが固まっているときは、力加減に気をつけながら、消しゴムタイプのクリーナーで落とします。

最後に、汚れ防止のため、スエード用スプレーをかけると良いでしょう♪

スウェード、ヌバック等起毛革、テキスタイルの靴専用 補色・防水

¥1,080

販売サイトをチェック

カビの生えない保管の仕方③ムートンブーツのお手入れ方法

ムートンブーツは水を吸い込みやすく、濡れた部分がシミになりやすいので、注意が必要です。

保管する前に、ムートン用のブラシやスポンジを使い、汚れを落とします。優しく毛の流れに沿ってブラッシングしましょう。

汚れがひどいときは、ぬるま湯が入ったバケツに専用の洗剤とブーツを入れ、20分くらいつけ置きをしてもOK。

バケツの中で手洗いし、よくすすいだら、風通しのいい場所で陰干しします。

最後に防水スプレーをしておくとバッチリですね。

▶︎いよいよ保管♪ここにもコツが……

ブーツの型崩れを防ぐために、ブーツキーパーを使います。特にロングブーツは型崩れしやすいため、必須です。

ない場合は、新聞紙を丸めたり、厚紙で代用しても構いません。

埃除けの不織布で巻いたら、なるべく1足ずつ立てて収納しましょう。ブーツを縦に重ねて収納すると、革に負担がかかるからです。

また、箱に仕舞うのは通気性の面からあまりおすすめではありませんが、どうしてもという時は乾燥剤を入れます。製菓用で構いませんので、入れておくと湿気を防ぎ、カビ防止になります♪

湿気対策グッズとして、備長炭もおすすめです。靴下や布に備長炭をくるみ、靴の中に入れておきましょう!

女性が履く靴の中で一番手入れが必要なのは、ブーツかもしれませんね。
手間暇をかけたくない!という方は、クリーニングサービスを使うのも手ですよ。
いずれにせよ、お手入れをしっかりしてから保管しておけば、次シーズンにもしっかり履けますね♡