【コミュニケーション術】安心感を与える会話のコツは「ペーシング」

子育て・ライフスタイル

コミュニケーションのうえで大切なことのひとつが、落ち着いて話ができる雰囲気を作ること。

今回お伝えするのは、前々回のコラム『落ち込んだ人にかける言葉の「正解」は?相手が楽になるトークテク』の続編です。

"あなたと話をするとなんだか落ち着くし、もっともっと話したくなる。"

そんな風に言われる、相手に安心感を与える会話のコツ「ペーシング」について解説します。

途切れない会話の秘訣は「スピード」と「テンション」

例えば、友人と映画館で恋愛映画を鑑賞した後、俳優さんの格好良さやときめきシーンについて、感想を話しながら共感したり、盛り上がったりしますよね。

いつの時代も恋愛映画は、女性たちの心をときめかせ、出演している俳優陣の衣装やロケ地のお洒落さに憧れたり、楽しい気分にさせてくれるものです。

こうした楽しい会話の時、多くの方はいつもより気分が高揚しているため、声の高さがワントーン高くなって、少々早口な話し方をします。

相手と同じタイミングで同じ体験をすると、自然とお互いが同じようなテンションで会話をするのです。

ここに、ヒントがあります。

話の「スピード」と「テンション」がお互いに近ければ近いほど、お互いの気持ちの距離がどんどん近くなって安心し、会話が盛り上がるのです。

仮に同じ体験をしていなくても、相手が楽しい状況を話している場面であれば、相手の話し方に注目してください。

相手の話し方と同じような「スピード」と「テンション」に自分の話し方を合わせることで、その場の雰囲気がとても良くなり、楽しい時間を過ごすことができますよ。

安心感を与えて会話が続く「ペーシング」とは?

子どもが友人と喧嘩をして、泣いて家に帰った来たシチュエーションを考えてみてください。

親なら心配でたまらず、なぜ泣いているのか、喧嘩の原因がどちらにあるのかなどにフォーカスしてしまい、つい矢継ぎ早に質問をしてしまいがちです。

まずは一呼吸置いて、じっくり子どもを見てあげてください。

泣いていてなかなか話ができないなら、何も言わずに、ただ寄り添うだけで良いのです。そして、泣き止むまで頭や背中をそっと撫でてください。

すると、子どもも気持ちがだんだんと落ち着いてきて、自分のタイミングで、ゆっくりと言葉を発してくれます。

またその時は、子どもの話す「スピード」と「テンション」に注目してください。

悲しそうにゆっくりと訴えてくるのであれば、同じように悲しそうな表情でゆっくりと声かけましょう。

自分と同じような反応をする親を見て安心し、「自分の気持ちをわかってくれている」「話してみようかな」という気持ちになるのです。

ここで大事なポイントは、結果を急がないこと。

「ペーシング」とは、相手と自分が同じような息づかいや動き、話をすることで、その場にいることが心地よいと感じ、気持ちを楽にして話をするための1つの技術。

気の利いた言葉を言わなくても、「悔しかった」と言われたら「悔しかったんだね」と繰り返して声をかけてください。

大切なのは、気持ちに共感すること。

自分の気持ちに寄り添ってくれたという気持ちになれる、シンプルだけれども絶大な効果のあるコミュニケーション法なのです。

コミュニケーションは、美容と同じように、毎日の繰り返しと積み重ねで洗練されていく技術です。

会話が苦手だという方も少なくないようですが、コミュニケーションをとりやすくするポイントを知り、日常で取り入れていくうちに話し方を変えることはできます。

友人や家族、身近にお付き合いしている方との普段の会話がきっかけで、安心感を与えることができ、より人間関係も良くなります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。