まずは脚から♡初心者ママでもできる「ベビーマッサージ」の方法

子育て・ライフスタイル

赤ちゃんとのコミュニケーション方法として、ぜひ始めたい「ベビーマッサージ」。

初心者ママは、どの部分のマッサージから、どのように行えば良いのか迷いますよね。

今回は、初めてベビーマッサージにトライする際におすすめの部位と、簡単なマッサージ方法をお伝えします。

初めてのベビーマッサージは"脚"からトライ!

赤ちゃんとべビーマッサージを楽しむには、あんよ(脚)から始めるのがおすすめです。

おむつ替えの際などに、赤ちゃんの脚に触れたり、持ち上げたりして、マッサージを行います。

毎日の子育てにおいて、ママはもちろん、赤ちゃん自身も、触れられることに慣れている部位が、"脚"です。

そのため、赤ちゃんにとってべビーマッサージを受け入れやすい部位でもあります。

ベビーマッサージを行うために、いきなり裸にされると、ビックリして泣きだしてしまう赤ちゃんもいるでしょう。

まずは、触れられ慣れている脚から始めてみることで、赤ちゃん自身もスムーズにマサージを受け入れてくれるはず。

毎日欠かせない「おむつ替え」。このタイミングを使って、子育てタイムを触れ合い時間に変えましょう。

脚のベビーマッサージ方法

太ももの付け根(鼠径リンパ節)から足首の方へ、ママの手をスムーズに滑らせながら、優しく触れていきましょう。

脚の前側をさすったら、脚の後ろ側も同じように、ももの裏側から踵の方へ撫で下げていきます。

強い力は必要ありません。デリケートな赤ちゃんのお肌を擦らないように、気をつけて行ってくださいね。

ベビーマッサージをすることで脚が温まり、血液やリンパ(鼠径部・膝下)の流れが良くなります。また、新陳代謝が良くなるので、免疫力がUPする効果も期待できます。

「気持ちいいね」と声をかけ、赤ちゃんの表情を確認しながら、ゆったりと進めましょう♡

いかがでしたか?

赤ちゃんもママも、リラックスしてベビーマッサージを少しずつ続けることで、その時々で赤ちゃんの様々な反応や成長を感じられるはず。

赤ちゃんのその時の気持ちを一緒に感じながら、ママもマッサージを楽しんでくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。