顔型・肌色別♪自分にぴったりの「ベーシックな白シャツ」の選び方

ファッション

定番アイテムなのに、自分に似合うものがなかなか見つからない「ベーシックな白シャツ」。

堅苦しい印象に見えてしまったり、顔が大きく見えてしまう、顔色がくすんで見える、襟の開き具合がしっくりこないなど……お悩みは人それぞれですよね。

今回は、顔型・肌色別に、自分にぴったりの白シャツに出会える選び方をお伝えします♪

《ベーシックな白シャツの選び方》お悩み① ベーシックな白襟だと地味に見える

出典:zozo.jp

ベーシックな白シャツを着ると、なんだか地味に見えたり、胸元が寂しい印象に見える……。

首が長く、顔の形が面長やタマゴ型で、シャープな目鼻立ちの方に多いのが、このようなお悩みです。

首の長さを味方にしながら、顔の縦ラインを強調しすぎない襟の形は、パリッとハリのある素材の"スタンドカラー"。

立ち襟がクールな印象にも見え、胸元のボタンを開ければ、女性らしく色っぽい印象に。

濁りのない真っ白なシャツは、デニムを合わせるのはもちろん、シンプルなブラックの細身パンツに合わせると、都会的で洗練された印象になります。

試着した後は、できるだけ自然光に近い場所で鏡を見てのチェックをオススメします。

濁りのない真っ白なシャツは、肌色がブルーベースの方に似合います。

イエローベースの肌色の方は、クリームがかったホワイトカラーのシャツを選ぶようにすると、顔色がキレイに見えますよ。

《ベーシックな白シャツの選び方》お悩み② カジュアルな印象に見えがち

顔の形が丸型やベース型で、可愛らしい印象の方に多いのが、コットン素材の白シャツを着るとカジュアルダウンしがち……というお悩み。

コットンは、自然素材のため、ナチュラルな印象となります。外見が実年齢よりも低く見られる方にとっては、幼い印象に見えることも。

オススメなのは、控えめな光沢感のある、"テロンとした柔らかい素材"の白シャツです。

シャツの中で程よく体が泳ぐ感じが、余裕のある大人の女性の雰囲気に見えます。

黄みがかったクリーム色、洗いたてのコットンのような真っ白など、白のトーンにも色々な種類があります。

どの色を着た時に、顔色がぱっと明るく見えるかなど、確認しながら試着してくださいね♪

《ベーシックな白シャツの選び方》お悩み③ 前ボタンタイプだと堅く見える

出典:zozo.jp

ボタンタイプの前開きの白シャツがしっくりこない。何となく堅苦しい印象に見える気がする……。

そのようなお悩みを持つ方にオススメなのが、"スキッパー襟"タイプの白シャツです。

襟元がVネックになっており、デコルテラインも綺麗に見えるので、小顔効果もアップ♪

また、ボタンがない分、正面から見てもスッキリとシンプルな印象に。

ロングヘアの方はスッキリとまとめ髪に、ショートヘアの方は顔周りをタイトにセットすると、クールでハンサムな印象に仕上がりますよ♡

定番アイテムとはいえど、白シャツにも、色や素材、シルエットの違いにより様々なアイテムがあります。

なかなか自分に似合う1枚が見つけられない……と悩んでいた方も、ご紹介した選び方を参考に、とっておきの白シャツをゲットしてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。