やっぱり第一印象が大事!好感度が上がる授業参観での着こなしって?

子育て・ライフスタイル

小学校の授業参観の主役は子ども!とわかっていても、服装に悩んでしまうママも多いのではないでしょうか。

入学後やクラス替え後など、初めて会う方の多い教室で、保護者同士の第一印象も気になるところですよね。

そこで今回は、授業参観で好感度が上がる着こなしのポイントをご紹介します。

好感度が上がる授業参観での着こなし① 清潔感&親近感を感じるアイテムを選ぶ

wear.jp

好感度が上がる授業参観での着こなし、最初のポイントは、清潔感&親近感を感じさせてくれるアイテムを選ぶことです。

シャツ+ふんわり上品なフレアスカートや、鉄板のネイビーのワンピース、コーデに迷わないセットアップワンピースなどがおすすめです。

かっちり決めすぎてしまうと、かえって話しにくい印象を持たれてしまうことも……。

働くママも、オフィスから学校の参観へ向かう際には、少し柔らかさを加えたコーデを意識すると良いでしょう♡

好感度が上がる授業参観での着こなし② 香水は控えめ、もしくはつけない

たくさんの親子が教室で過ごす授業参観では、当日の香水は控えるのが無難。

香りによっては、気分が悪くなってしまう子どももいるかもしれません。

ママ同士の距離感も近いので、つける場合は控えめにしましょう。

周囲を気にすることができるママの方が、好感度が上がること間違いなしです♪

好感度が上がる授業参観での着こなし③ カジュアルOKでもきれいめを意識する

wear.jp

カジュアルな服装でもOK!そんな授業参観でも、きれいめを意識することが大切です。

ダメージデニムや肌の露出など、小学校の授業参観では浮いてしまうようなおしゃれは、避けましょう。

子どもに恥ずかしい思いをさせてしまっては、元も子もありませんよね。

いつもジャージ姿の先生が、授業参観の時にはシャツスタイルに着替える場合もあります。

保護者としても、TPOを意識しながら、ラフすぎない服装をイメージしましょう。

カジュアルなパンツは、シンプルなシャツやニットとコーデすると、上品な印象の着こなしになりますよ♡

好感度が上がる授業参観での着こなし④ アクセサリーは控えめにする

wear.jp

小学校の授業参観の着こなしでは、アクセサリーを控えめにすることも大切です。

大ぶりなアクセサリーは、授業中に音が鳴ってしまうかもしれません。

授業の邪魔になることもあるので、気をつけましょう。

アクセサリーは、あまり目立たないものの方が上品さも加わり、おすすめですよ♪

好感度が上がる授業参観での着こなしをご紹介いたしました。
普段ならおしゃれコーデに見えるものも、授業参観ではイマイチな人になってしまうことも……。
"主役は子ども"を意識した控えめな上品コーデで、好感度を上げていきましょう♪