"きらきらネーム"に新カテゴリー登場?「豚切りネーム」とは

以前、ママ友と赤ちゃんの名付けに関して世間話をしていた時、きらきらネームのなかに『豚切ネーム』というカテゴリーが存在するということが分かりました。

『豚切ネーム』とは、どのような意味なのでしょうか?

新きらきらネームの『豚切ネーム』って……?

『豚切ネーム』とは、どのようなものなのでしょう?

それは、

愛(あい)を『あ』

結、優(ゆう)を『ゆ』

といったように、漢字の一部分を使い、あとの音を切り捨てて読ませる名前のこと。

(読みを)切る→ぶった切る→「豚切ネーム」と呼ばれています。

新きらきらネーム『豚切ネーム』の例は?

先ほど例に挙げた漢字の『愛』で、比較しながら考えていましょう。

豚切ルールでいくと、『あ』と読むことになります。

ちなみに人名常用には、『あ』と読む記載はありません。

『愛子』の場合

【あこ】と【あいこ】

どちらが女児らしく、エレガントで知的に聞こえるでしょうか?おわかりですね。

呼び名の観点から考えても、『豚切ネーム』にすることで、漢字を正しく読む場合とのイメージの差が生じてきます。

豚切ネームがおすすめできない理由は?

豚切ネームがおすすめできない理由、それはとても単純なことです。

本来の漢字の読みとは違う、勝手に区切られて名付けられた音は、よく考えれば「惜しいけれど違う!」という印象を与えるからです。

もちろん、大切なわが子の運気も、名前の読み方のように「惜しいけれど違う」というものにはしたくありませんよね?

お子さんが成長して、漢字が分かるようになった時、「どうして私の名前は途中で切れているのだろう……?」と疑問を持ち、理由を聞かれるかもしれません。

これは、考え方が古いということではなく、漢字の正しい使い方のお話です。

大切なお子さんの命名は、どうかきれいな読み方で名付けてあげてくださいね。

きらきら 豚切りネーム 子ども 名付け 赤ちゃん

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

森下 湖乃美/ネームデザイナー

【経歴】
会社勤めの傍ら興味のあった姓名判断の勉強を開始、趣味の域からその奥深さに感銘を受け…

>もっとみる