美肌のための正しい洗顔方法♪肌トラブルの原因は洗顔だった!?

美容

正しいと思い込んで毎日実践している洗顔。もし、それが間違っていたら……?
毎日肌に悪いことをしていたらと考えると、恐ろしいですよね。
これを機に、正しい洗顔方法を学びましょう!

正しい洗顔方法①常温がマスト!

dieutridachayxe.com

お風呂に入った際、体を洗ったシャワーでそのまま顔を洗ったりしていませんか?
それは絶対にだめ!なぜなら、手にすくってから顔に当てないと、強い水圧で顔がたるんでしまうからです。

また、寒い冬は、シャワーの温度が高め。同じ温度で顔を洗ってしまうと、必要な皮膚のバリアを壊してしまいますよ。

ベストな温度は約30℃。人肌くらいの温かさが目安です。
お風呂に入るとついつい同じ温度で顔を洗ってしまうし、わざわざ温度を変えるのがめんどくさい……という方へは、洗面所で先に顔を洗ってから入浴することをおすすめします。

正しい洗顔方法②クレンジングは短時間で!

クレンジング

簡単にするんと落ちるクレンジング力の強いものは、肌に必要なものまで落としてしまいます。かといって、落ちづらいメイクをゴシゴシと落とすことは、厳禁です。

美肌のためには、メイクの濃さに合わせてクレンジングを選びましょう。クレンジングを肌にのせている時間が長ければ長いほど、肌には負担がかかりますよ。

クレンジングは、1分で終わらせるのが理想です。逆に1分で落とせないメイクは、やめるべきです!

メイクは、スキンケアをするように、手の平を使いながら優しく落としましょうね。また、まつげは指ではさむだけにして、こすってマスカラを落とすことは避けましょう。

正しい洗顔方法③洗顔はたっぷりの泡で!

item.rakuten.co.jp

まずは、摩擦が起こるゴシゴシとした洗い方は、今すぐやめましょう!
たっぷりの泡で押し洗いするだけで、メイクの汚れは落ちていますよ。

皮膚汚れの目立つパーツ、特におでこや顎などから泡をのせ、そのあとに頬にのせていきましょう。このとき、小鼻など手の平では洗いにくい場所があると思うのですが、そういった場所も摩擦を起こすような洗い方は厳禁。

ふわふわの泡をクッションにして、押すように洗うだけにしましょう。手の平を滑らせるような洗い方をするとお肌を傷つけてしまうので、気をつけましょう。

正しい洗顔方法④すすぎは30回以上!

たっぷりの泡を全部きっちり落とすことも、美肌への道の一つ。きれいにメイクを落としきるためには、最低でも30回のすすぎが必要です。

ポイントは、水を肌に当てたら手でこすらないこと!手の平と肌が接触しないくらいで、パシャリと水を当てるのが正解です。

特に洗い流すタイプのパックをするとよく分かるのですが、こめかみ付近や小鼻、口元の周りは洗顔料が残りやすいです。メイクを落としたつもりでも、本当は落ちていない……ということもありますので、すすぎは丁寧に、時間をかけて行ないましょうね♡

意外と知られていない、正しい洗顔方法をご紹介しました。
今からしっかり基本を見直して、美肌を手に入れましょう!
早い段階からきちんとした方法を取り入れることで数年後の肌が変わってくるので、頑張りましょうね♡