卒乳後は垂れるって本当なの?諦めないための《おっぱいケア》

授乳中のママが誰しも気になる、“卒乳後のおっぱい”。

妊娠中、産後の授乳を経ると、ママのおっぱいは垂れやすくなると言われていますよね。

でも、気がついた時がチャンス。今こそ《おっぱいケア》を始める時です。

卒乳後に、ハリのあるおっぱいに近づけるかも!

垂れるって本当?卒乳後のおっぱいケア
①卒乳後におっぱいが垂れる?

授乳中のママが気になる卒乳後のおっぱい。

垂れる、しぼむなど、色々な情報が気になりますよね。

妊娠中は、女性ホルモンが活発に分泌される影響により、多くの妊婦さんのおっぱいは大きくなります。

母乳を作る乳腺葉の発達、また、それを守ろうとして脂肪がつくので、2カップほど大きくなる方が多いようです。

妊娠中の大きくハリのあるおっぱいは、産後の授乳を経て、卒乳後にいきなり小さくなってしまい、垂れやすくなるのだとか。

卒乳後のおっぱいの変化を防ぐためには、日々のおっぱいケアがポイントになりますね!

垂れるって本当?卒乳後のおっぱいケア
②卒乳後におっぱいが垂れる原因

妊娠中・授乳中はハリがあったおっぱいが、どうして卒乳後は小さくなる・垂れるのでしょうか?

その原因として考えられることを、ご紹介します。

✔授乳で下向きに引っ張られる
抱きかかえた授乳姿勢は、赤ちゃんが下向きにおっぱいを引っ張っている状態が続くため胸が垂れる原因になります。

✔皮膚が伸びる
女性ホルモンの影響で、大きくなったおっぱいも卒乳後は、脂肪も減り元の大きさに戻ります。しかし、大きくなったに伸びた皮膚は、そのままのため、垂れることに……!

✔楽な下着&クーパー靭帯の損傷
おっぱいを支える役割があるクーパー靭帯が、授乳や、おっぱいの重みで伸びてしまうことも……。また、最近は、ブラカップ付きなど、楽な着心地の下着も多いですよね。ホールド力が弱い下着ばかりをつけていると、おっぱいの脂肪が下に垂れやすくなるのだとか。

原因を知ると、おっぱいケアを習慣にしたくなりませんか?

垂れるって本当?卒乳後のおっぱいケア
③ケアが大切!

それでは、卒乳後におっぱいが垂れるのを防ぐためのケアをご紹介します。

《しぼんだバストを取り戻すための大胸筋ケア》
① 胸の中央で手の平を合わせ、ひじを真横に開きます。
② ①の姿勢のまま手のひらを中央に強く10秒押し合わせます。
これを、3セット繰り返します。

《妊娠前のハリを戻すためのデコルテケア》
① ボディクリームかオイルを手の平にとり温めます。
② ①をおっぱい上側に密着させて、鎖骨、首筋、顎と下から上に引き上げるようにマッサージを行います。
これを、左右の手のひらで交互に10回繰り返します。

《天けいという乳腺を発達させるツボを押す》
①左右ともに乳首から指3本分外側、肋骨の間にあるツボを下からおっぱいを押し上げるように親指で5秒押しゆっくりと力を抜きます。
これを、5セット繰り返します。

時間がある時に、この3つのケアをしてみましょう♪
続けることで、変化が感じられるはず!

垂れるって本当?卒乳後のおっぱいケア
④諦めなければ、元に戻る!

卒乳後の垂れるおっぱいが不安というママは、諦める前におっぱいケアを続けていきましょう。

妊娠で大きくなったおっぱいを、きれいに維持できたママも、少なくないのだとか!

毎日努力をし続けてこそ、日々のケアが生きてくるはずです♡
諦めない卒乳後のおっぱいケアについてご紹介しました。

「ハリがなくなるのかな?」「垂れるのかな?」と、授乳中は不安になりますよね。

でも、今からケアをすることで、おっぱいの変化と上手く付き合っていくことができるはず。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

卒乳後 垂れる おっぱいケア

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

好奇心旺盛なライターです!

ママ目線のアンテナを活かして情報をお伝えしていきます♪

>もっとみる