美容面にも影響大……顔を歪ませてしまう「就寝中の〇〇」とは?

自分が寝ているときの姿は、なかなか確認できるものではありませんよね。

朝、目覚めた時に不快感を感じている方。実は、その不調は、睡眠中に歯を食いしばってしまっていることが原因かもしれません。

朝の目覚めが悪いときは注意して!

朝、目覚めた時に

・あごから側頭部にかけて、だるさや疲れを感じる
・あごに違和感がある、または痛みを感じる
・寝違えていないのに、首や肩が凝っている

などの不調を感じていたら、要注意。睡眠中に、歯を食いしばっている可能性があります。

食いしばりの主な原因は、ストレスが多いようです。

仕事や対人関係など、精神的なストレスを抱えていると、寝ている最中も無意識にあごの周りの筋肉を緊張させ、食いしばりや歯ぎしりを引き起こしてしまうのです。

食いしばることが続くと、顎関節の痛みや不調を引き起こすだけではありません。

奥歯にグッと力を入れる圧はとても強いので、常に筋肉を緊張させ、頭蓋骨や顔の骨も歪ませてしまいます。

目の高さやフェイスラインのたるみ方が、左右で違ったり、口が曲がったり……といったように、顔のバランスに大きく影響を及ぼしてしまうのです。

顔の歪みをなくす「セルフケア法」

顔の歪みは、筋肉の緊張や、それに伴う姿勢が原因です。解消するためには、筋肉を緩めてあげましょう。

《やり方》
①指の腹で、あごや耳周辺の筋肉を心地いい圧でほぐします。

②側頭部(耳の上)を、左右から手の平で圧迫し、ゆっくりと円を描くように頭皮を動かし、緩めていきます。

③耳の下から鎖骨に向かって、撫で下ろします。

耳周りや側頭部の筋肉を緩めると、フェイスラインがスッキリし、ほうれい線ケアにもつながります。

《注意》
食いしばりがひどいと感じる方は、歯科医院への相談をおすすめします。

マウスピースなどを付けて就寝することで、不調が軽減する可能性があります。
食いしばりをなくすには、ストレスの軽減が一番。

ストレス自体を完全になくすことは難しいですが、一日に一度はリラックスする時間を作り、生活にメリハリを持つことが大切です。

歪みや不調のない、スッキリした美顔を目指しましょう!

歪み 食いしばり 小顔 顎関節症

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

藤村 美紀(ふじむら みき)

【肩書き】
美骨師 / ボディメンテナンスvivace(ヴィヴァーチェ)代表 

【プロ…

>もっとみる