夏休み中の楽ちん昼ごはんメニュー♪簡単カフェ風ワンプレートごはん

グルメ・レシピ

子どもにとって楽しい夏休みですが、ママにとっては、お昼ごはんの準備も増えて大変……。

簡単ランチで、夏休み中のランチ問題をちょっとだけ楽にするアイディアをご紹介します!

小さなお子さんの子育てで忙しいママにもおすすめですよ♪

夏休み中の楽ちん昼ごはんメニュー① 炊飯器に入れるだけの簡単!カレーピラフ

暑い日は、火を使いたくないですよね。

そんな時には、炊飯器を使ったカレーピラフがおすすめです♪

子どもと一緒に作ってもいいですし、朝、タイマー予約をしておいてもOK。

スパイシーなカレーピラフが、スイッチひとつで調理可能。作り方を次の画像でご紹介します。

■炊飯器でカレーピラフ

材料:
・米     2合
・カレールー 2〜3皿分(初めて作る方は2皿分で)
・ツナ缶
・玉ねぎみじん切り  1/2カップ
・ミックスベジタブル(解凍する) 1/2カップ

作り方:

1. 米を研いで釜に入れ、2合の目盛りまで水を入れてから50cc捨てる。
 
ポイント▶︎30分給水させましょう!

2. カレールー(キッチンペーパーの上で刻む)、玉ねぎ、ミックスベジタブル、ツナ缶(オイルごと)を、米の上にのせる。

ポイント▶︎ここでは混ぜないでおきます。

3. 普通モードで炊く。炊きあがったら、よく混ぜて盛り付ける。

具材を、ソーセージやベーコン、シーフードに変えても美味しいですよ。その時は、バターを10g足してくださいね。

目玉焼きをのせたり、オムライス風にしても◎

残ったピラフは、冷凍もできます♪

夏休み中の楽ちん昼ごはんメニュー② みんな大好き♪ポークチャップのワンプレート

豚こまと玉ねぎ、ピーマンがあればすぐにできるポークチャップは、ナポリタンのような味付けです。

お肉と野菜を炒めて、塩コショウ、ケチャップ、ソースでお好みに味付けをし、最後にバターを入れまろやかに!

ご飯に添えて盛り付けます。

夏休み中の楽ちん昼ごはんメニュー③ 男子におすすめ♪ボリューム満点のカオマンガイ

@harukomatiがシェアした投稿 -

お肉好きな子どももパパも大満足♪

シンガポールチキンライス、通称"カオマンガイ"も、炊飯器で簡単に作れます。

塩・こしょうで下味をつけた鶏肉をのせて炊き上げるので、ご飯にチキンの旨みが染みて美味しく仕上がります。

薄味で炊いて、香味ダレを別添えにすると、お好みの味に調節ができます。香草や生野菜を添えて、召し上がれ♡

夏休みのママの負担が軽くなる!キッチンに立つ時間が少なく、簡単に作れるお昼ご飯レシピをご紹介しました。

ぜひ参考にして、お子さんとの夏休みをストレスなく楽しく過ごしてくださいね♪