夏のダメージは「手作りオイル」で集中補修♪自宅でできる美髪ケア法

夏の紫外線は、美容の天敵!

肌の対策はぬかりなく行っていた方も、ついケアを怠りがちになるのが「髪の毛」ではないでしょうか。

髪も、紫外線をたくさん浴びると、潤いがなくなるなどの日焼けによるトラブルを招きます。

髪がパサついていると、疲れた印象になり、見た目年齢が一気に上がってしまうことも……。

傷んだ髪を秋へ持ち越さないために、自宅でできる美髪オイルケアをご紹介します。

紫外線で髪のツヤを失ってしまうワケは?

髪の毛の表面には、髪を保護するバリア機能として「キューティクル」が存在します。

キューティクルは髪の1番外側にあり、うろこ状になっていますが、紫外線を多く浴びることで剥がれやすくなります。

すると、髪の毛の内部にある水分が失われ、ゴワゴワしたり、パサつきが起こりやすくなったりするのです。

髪のダメージを感じたらスペシャルケアを!

髪も、肌と同じように紫外線対策ができればベストですが、そうもいかない時がありますよね。

この夏は、紫外線をたっぷり浴びてしまったと感じたなら、普段のお手入れに「オイルトリートメント」をプラスしましょう。

市販のヘアオイルもありますが、自分でも簡単にアロマヘアオイルを作ることができます。

手作りすると、

・自分の好きな香りで作れる
・コストを抑えられる
・髪質に合ったオイルを使える

など、たくさんのメリットがありますよ♡

今回は、べたつきが少なく、髪に良い成分を多く含む「アルガンオイル」を使ったヘアオイルをご紹介します。

コスパ最高♪How to「手作り美髪ヘアオイル」

《用意するもの》
・アルガンオイル 10ml
・お好みの精油 2滴
・遮光のガラス容器

《作り方》
ガラス容器にアルガンオイルを入れ、お好みの精油を加えて、よく混ぜたらできあがり。

《使用方法》
洗髪してタオルドライした後、数滴のオイルを手に取りなじませたら、毛先から塗布していきます。

そのまま、髪の表面を中心に髪の毛全体にのばし、ドライヤーで乾かします。

おすすめの精油は、ダメージ補修作用のあるカモミールローマンや、艶やかな髪を育てるローズマリー。ラベンダーやオレンジも良いでしょう。

精油をブレンドしたり、オイルを変えたり……好きな香りやテクスチャーを楽しんでくださいね。

作ったオイルは冷暗所で保管し、早めに使い切りましょう。

ご自身の髪の状態でオイルの量を加減して使ってください。
紫外線によるダメージヘアをそのままにしていると、これから迎える秋冬の乾燥で、さらに傷みがひどくなります。

そうなる前に、今から+αのケアをして、ツヤのある美しい髪を育てていきましょう。

美髪 ケア オイル アロマテラピー アルガンオイル ダメージヘア

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

藤村 美紀(ふじむら みき)

【肩書き】
美骨師 / ボディメンテナンスvivace(ヴィヴァーチェ)代表 

【プロ…

>もっとみる