声かけ次第で勉強が好きになる♪"進んで机に座る子"の特徴とは?

机に全然座らない子どもに「どうしたら勉強が好きになるの?」と、モヤモヤしてしまうママは、必見です。

実は、親の声かけ次第で勉強が好きなるコツがあるんですよ!

今回は、そのちょっとしたコツをご紹介していきます。

親の声かけ次第勉強が好きになるコツ①やる気アップにつながる言葉に変換

「子どもが机に座らなくて……」と、お悩みのママ。

勉強をするということ自体が、子どもにとって苦痛なのかもしれません。

思春期に差し掛かり、親の声かけ次第では逆効果になってしまうことも……。

これを解決するには、命令口調ではなく、子どもを尊重する声かけを意識していくことが大切です。

例えば……

「早く勉強しなさい」ではなく、「今日は何時から勉強するの?」というように、自分で考え決めさせることがポイントになります。

「宿題はいつまでに終わらせようか?」という言い方も、おすすめ。

上から目線ではなく子どもの意見を尊重して、しなければならないことへ導きましょう。

やる気が湧いて、勉強を好きになる近道になりそうです!

親の声かけ次第勉強が好きになるコツ②睡眠不足もチェック

勉強を好きになってもらいたいのなら、普段の睡眠も見直してみましょう。

大人も同じく、睡眠不足の状態では勉強に集中することはできませんよね。

子どもがいつも眠たそう……というのは、睡眠が足りていないかもしれません。

一日のスケジュール表を子ども中心になって作り、睡眠時間をしっかりととれるメリハリのある生活を送りましょう!

親の声かけ次第勉強が好きになるコツ③集中力アップの食材を選ぶ

声かけと同様、子どもが勉強好きになるためのママのサポートのひとつが、食材選びです。

特に朝ごはんは、集中力と密接する関係があるんだとか!

脳の栄養源となる糖質を朝に摂ることで、集中力を高める効果が期待できます。

また「朝のフルーツは金!」とも言われるように、フルーツには脳の働きをサポートする栄養素が多く含まれています。

食材選びや食べる時間帯にも、気を配りましょう。

親の声かけ次第勉強が好きになるコツ④環境を整える

勉強を好きになる子どもに共通しているのが、普段勉強する場所の環境が整っているということ。

リビングでも子ども部屋でも、他の事に興味がそれてしまうことはなるべく避けたいもの。

でも、音は静かでも、ママはスマホゲームなんていう状態では、勉強する気力も低下してしまいます。

子どもが勉強している数十分などに、親も勉強の様子を見守っているという姿勢を見せることも大切です。
“親の声かけ次第勉強が好きになるコツ”は、いかがでしたか?

子どものやる気を持たせてあげる声かけは、中学生になってからの勉強習慣の差にも……。

否定的な言葉が続くと、子どものやる気は失われそうですよね。

上から目線の声かけはやめて、子どもの気持ちややる気を認めることから始めましょう!

勉強 好きになる 声かけ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

好奇心旺盛なライターです!

ママ目線のアンテナを活かして情報をお伝えしていきます♪

>もっとみる