《母の日ギフトのマナー》贈ってはいけないカーネーションもある!?

子育て・ライフスタイル

母の日が近づいてきましたね。

定番のギフトといえば「カーネーション」。

実はこのカーネーション、母の日に贈ってよいカラーとNGなカラーがあることをご存知でしたか?

知っておきたい、母の日ギフトのマナーについて、お届けします。

《母の日ギフトのマナー》カーネーションの色には意味が……

そもそも「母の日」は、どのように始まったのでしょう?

母の日の起源には諸説ありますが、20世紀初め頃、アメリカで少女が亡き母に白いカーネーションを手向けたのがはじまりと言われています。

そののち、制定されることとなった「母の日」。

亡き母に手向けたのが白いカーネーションであったことから、亡くなったお母さんには「白いカーネーション」。

健全なお母さんには「赤いカーネーション」を贈るようになりました。

今は、様々な色のカーネーションを贈る方も多いかと思いますが、「白のカーネーション」は故人に贈るものなので避けた方がよいでしょう。

白の他に気を付けた方がいいカラーは?

紫に近い深い赤は「私の心に哀しみを」。

黄色は「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」。

複数色のカーネーションには「私はあなたの奴隷になる」「愛の拒絶」などの花言葉があります。

これらのカラーも、できれば避けたほうがよいでしょう。

母の日に贈りたいカラーは?

定番の赤のカーネーションの花言葉は、「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」です。母の日にもってこいですね。

ピンクも、「感謝」「上品・気品」「暖かい心」「美しい仕草」といった素敵な花言葉を持っていますので、母への感謝をこめて贈るには最適です。

赤やピンクよりクールめがお好きなお母さんには、紫はいかがでしょうか?

花言葉は「誇り」「気品」です。

青のカーネーションの花言葉、「永遠の幸福」も素敵ですね。

ちなみに、ギフトは手渡しで贈るのが一番!

直接贈れるのであれば、ありがとうの気持ちを込めて手渡したいですね。

遠方にお住まいのお母さんには、手紙やメッセージカードを添えたり、お電話などでご挨拶をしましょう。

2017.05.12 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。