【手相占い】本当の性格はどっち? 「ポジティブorネガティブ診断」

梅雨に入り、じめじめした気候につられて、憂鬱な日々を送っていませんか?

自分は明るく活発な方だと思っていても、実は、心は疲れていたりするかもしれません。

手相占いは、知らなかった自分の性格の発見に繋がる場合もあります。

本当の自分がどのような性格なのか。今回は、「ポジティブorネガティブ診断」でチェックしてみましょう!

手相占いで性格診断《ポジティブ線》の特徴は……?

【ポジティブ線の特徴】

・指が短い

・基本三大線(生命線、頭脳線、感情線)がはっきりしている

・他の細かい線はほぼない

・頭脳線、末端にある複線が、上部にある

エネルギッシュで体力があり、周りのことや後先を考えず、とにかく自分のペースで前進する人。

性格もわかりやすく、落ち込むことがあっても、あまり深刻にはならず、自分の力でちゃんと這い上がり、ポジティブに生きます。

また自分に正直なので、体調が悪くなると、無理をせず規則正しく生活します。病気にもなりにくいでしょう。

手相占いで性格診断《ネガティブ線》の特徴は……?

【ネガティブ線の特徴】

・生命線上に妨害線が複数ある

・生命線が鎖状

・頭脳線がS字カーブ

・頭脳線、末端にある複線が、下部にある

あまり体力がなく、内気で気の弱い人にある手相です。

心配性で、物ごとを悪く考えてしまいがちな性格で、失敗を恐れてなかなか前に進めません。

また他力本願な部分があり、病気になっても自分で治す力が弱く、長引く傾向があります。

頭脳線にイラストのようなカーブがある場合、独特の感性を持っています。芸術家にもよく見られる手相です。

一方で、空想の中で生きてしまいがちなところもあります。物ごとを悲観的にとらえてしまうと、どんどん自分の世界に入ってしまうので、注意。

自分のペースでいいので、人に頼ろうとせず、自力で前向きになる力をつけてください。

不安になったら、「自分はできる!大丈夫!」と声に出して言ってみましょう♪
手相占いでわかる「ポジティブ or ネガティブ診断」、いかがでしたか?

ネガティブな気持ち自体は、決して悪いことではありませんが、慢性化すると、病気に繋がる可能性があります。

もし、自分はネガティブぎみな性格かも……という方は、ある程度割り切って、気持ちをリセットすることが開運の鍵ですよ♪

手相占い 性格診断 ポジティブ ネガティブ イラスト

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

BUFFALO-PEKO/手相

山と川のある田舎で、1才と4才の子育て奮闘中!
イラストレーターBUFFALO-PEKO(バッファローペコ)…

>もっとみる