修復不可能な肌トラブルを招く前に……《春の紫外線対策》を!

春めいてくると気持ちも軽やかになり、お出かけ日和の日も増えますね♪

お弁当を持って、家族でピクニックやお花見。そんな楽しいお出かけの機会が増える一方、気を付けたいのが、「紫外線」です。

今回は、油断しがちな春の紫外線対策について解説します。

【春の紫外線対策】紫外線の種類について

紫外線には、以下の3種類があります。

・UVA
・UVB
・UVC

その中で今回は、肌まで到達しない「UVC」を除く、2つの紫外線について詳しく解説します。

【春の紫外線対策】「UVB」とは

私たちが、「紫外線を浴びると肌が焼ける」というイメージを連想する紫外線は、「UVB」です。

UVBは、1年のうちで7月~8月に多く降り注ぎ、メラニン色素の生成を促して、肌の表面を黒くさせるもととなる紫外線です。

オゾン層で吸収されて地上へ届くため、到達するのは肌の表面までといわれています。

【春の紫外線対策】この時期気をつけたい紫外線「UVA」

「UVA」は、肌の真皮層にまで到達します。

真皮で肌の弾力を支える組織である、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった、美肌に大切な組織を直接、傷つけてしまうのです。

真皮の肌細胞が傷ついてしまうと、シワやたるみなどの肌老化に影響し、修復が不可能な肌トラブルを招く事態となります。

このUVAは、5月~6月に最も多く地上に到達しますが、春先からもビシビシと私達のもとに降り注いでいます。

日差しの強さが夏ほどではないため、ついつい日焼け対策を怠りがちになりますが、それは禁物。

早めの紫外線対策が、美肌への近道ですよ♪
夏ほど、肌がジリジリ焼けているような自覚がないため、怠りがちになってしまう春先の紫外線ケア。

日焼け対策グッズもたくさん売られています。

自分の生活に合ったアイテムを選んで、紫外線をシャットアウトしましょう!

紫外線 対策 美肌 UVケア 美白 シワ シミ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

藤村 美紀(ふじむら みき)

【肩書き】
美骨師 / ボディメンテナンスvivace(ヴィヴァーチェ)代表 

【プロ…

>もっとみる