キムチや塩昆布で旨みを引き出す♪味付け楽チンな《夏の節約献立》

グルメ・レシピ

忙しいママ必見!

味付けにキムチを活用して旨みを引き出し、炒めるだけで完成するメインおかずを筆頭に、塩昆布などを使って手軽に作れるサブおかずを組み合わせた、節約献立をご紹介します♪

キムチや塩昆布で旨みを引き出す♪味付け楽チンな《夏の節約献立》のお品書き

味付けが楽チンな節約献立のメニューは、こちらです。

《お品書き》
・もやしでカサ増し!豚キムチ
・トマトと水菜の塩昆布和え
・即席みそ汁(わかめ・油揚げ)
・ごはん

味付け楽チンな《夏の節約献立》メインおかず:もやしでカサ増し!豚キムチ

【材料:2人分】

豚こま切れ肉   200g
もやし      1パック(200g)
キムチ      100g
オイスターソース 大さじ1
刻みネギ     大さじ2程度
サラダ油     大さじ1
塩・こしょう   各少々

味付け楽チンな《夏の節約献立》メインおかず:作り方①

フライパンに油を熱し、豚肉を炒め、塩・こしょうをします。

豚肉の色が変わってきたら、もやしを加えて強火にし、手早く炒めます。

中火に戻し、キムチを加えて炒めます。

味付け楽チンな《夏の節約献立》メインおかず:作り方②

キムチを加えて炒めたフライパンに、オイスターソースを加えて、手早く炒めます。

オイスターソースを加えることで、キムチの辛さがまろやかに仕上がります。

皿に盛り、刻みネギを散らしてでき上がりです。写真は、2人分を大皿に盛り付けています。

おかずとしてはもちろん、ごはんにのせてキムチどんぶりにしたり、焼きそば麺を加えてキムチ焼きそばにするのもおすすめです。

アレンジの幅が広い便利な一品です♪

味付け楽チンな《夏の節約献立》サブおかず:トマトと水菜の塩昆布和え

【材料:2人分】

トマト 1個(小ぶりサイズ)
水菜  1/2株
塩昆布 大さじ1

味付け楽チンな《夏の節約献立》サブおかず:作り方

水菜は2~3センチ幅に切り、トマトは一口大に切ります。

ボウルに水菜、トマト、塩昆布を加えて、よく混ぜてなじませます。作り方はたったこれだけで、あっという間に完成!

塩昆布の塩気と昆布の旨みで、味付けもバッチリです。

塩昆布は、野菜と和えるだけで立派なサブおかずが簡単にできあがるので、常備しておきたい食材のひとつです♪

味付け楽チンな《夏の節約献立》汁もの:即席みそ汁

【材料:2人分】

油揚げ   1/4枚
乾燥わかめ 小さじ1
粉かつお  小さじ1(小さじ1/2×2)
味噌    小さじ2(小さじ1×2)

味付け楽チンな《夏の節約献立》汁物:作り方

油揚げの下ごしらえをします。

細く切り、耐熱皿にのせて、ラップはかけずに電子レンジ(600w)で20秒加熱します。その後、湯をかけて、油抜きをしておきます。

器に、下ごしらえした油揚げ、わかめ、粉かつお、味噌を加え、湯を注いで、よくかき混ぜます。

粉かつおを湯で溶いた時に出る旨みのおかげで、まるで出汁をとったかのような奥深い味わいになります。

お味噌汁といえば、鍋で出汁をとって作るのが定番ですが、今回の粉かつおを使う方法なら、鍋を使わずに即席で作ることができますよ。

キムチや塩昆布は、味付けとともに旨みも引き出してくれるので、時短料理にはおすすめの食材です。

焼きそばやお好み焼きなどに使う粉かつおは、冷蔵庫で余りがちなイメージですが、即席味噌汁の出汁代わりに活用すれば、無駄なく使い切れます。

ぜひ、お試しくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。